05/ビジネスという甘きもの

2020.12.26

絲山秋子★御社のチヤラ男          …………社内でひそかにチャラ男と呼ばれている男について語るのは、本人を含む同僚など14人。

05


 私は努力をしないひとが嫌いだった。
 なんでも楽々とこなしてしまうひと、勘でものを言うようなタイプ、サボっていても帳尻だけ合わせる輩。いい加減にやって上手くできてしまうひとも、物事をほったらかして平気なひとも。


 つまりチヤラ男である。
 だがほんとうは、そのかろやかさが羨ましく、心は楽をしたいと叫んでいたのかもしれない。


「あのひと一貫性がないんだよね」山田さんが言った。「脈絡がないし受け売りばっかりだし」
「そう。不連続性のひとなんですよ」
「え、なに?」


 私が失って苦しんでいた連続性をかれはもとから持ち合わせていない。ものごとが不連続でも、矛盾していても平気で生きている。

★御社のチヤラ男 /絲山秋子 /2020.01/講談社


 地方都市にある「ジョルジュ食品」という会社の部長である三芳道造(44歳)は社内でひそかにチャラ男と呼ばれている。そのチャラ男を語るのは、本人を含む同僚など14人。会社という組織とその人間関係を浮き彫りにする。本書は“会社員小説”として評判になっている。

 “会社員小説”といえば、伊井 直行『会社員とは何者か?――会社員小説をめぐって』(2012)を思いだす。同書では源氏鶏太、山口瞳、庄野潤三、黒井千次、坂上弘、長嶋有、津村記久子とともに絲山秋子の作品も取りあげられていた。

 チヤラ男が言動のチャラチャラした男というのであれば、当方の会社にも沢山いた。「権力者に好かれ、そして人事に関わることを無上の喜びとしています」と本書にあるが、出世する男の1/4はチャラ男だったし、その上司もまたチャラ男だった。

 さて、本書の「チヤラ男」とは……。

*

「チヤラ男って本当にどこにでもいるんです。わたしもいろんな仕事してきましたけれど、どこに行ってもクローンみたいにそっくりなのがいます」
「さすがにクローンってことはないでしょ」
 と言ったのだが、
「ほぼ同じです」と断言した。「外資系でも公務員でもチヤラ男はいます。士業だって同じです。一定の確率で必ずいるんです。人間国宝にだっているでしょう。関東軍にだっていたに違いありません」
*
 このひとの話すことって、コピぺなんだ。ひとから聞いたこと、ビジネス雑誌に書いてあったこと、ネットのまとめの受け売りなんだ。
チヤラみがはんぱない。
*
 偉くなる男性ってリスとかネズミみたいな齧歯類系のかわいい系で、性格きつめなひとが多いらしいです。三芳さんも敢えて言うならハムスターっぽい。
*
 自分で言うのもおかしいけれど、ぼくには自分がない。
その上、友達もいない。
*
 チヤラ男の中身はばか女である。おおらかというか若いというか、無鉄砲というか、ばかなことを平気で言ってしまうところが本質だと思う。ビジネスやフォーマルな場で実家での習慣とか、体のこととか、そういう極めてプライベートな話をしてしまうとか。そういう類のことなのだ。
*
 ところが齢四十を過ぎたチヤラ男は平気だ。外側はおじさんなのに、臆面もなくわがままな女の子みたいなことを言う。ビジネスやフォーマルな場でも着ぐるみを脱ぐし、脱いだら脱いだでばか女が出てくるのだ。
*
 あのタイプは実際どこにでもいるんです。
 見た目や性格はほとんど同じですが、能力は多少の個人差があります。ものすごくうっかりミスが多い、働くことそのものが向いていないんじゃないかというひともいれば、得意分野に限ってはなかなかやり手というのもいる。ひとことで言えば「狡猾」ですかね。権力者に好かれ、そして人事に関わることを無上の喜びとしています。
*
 チヤラ男さんが何よりも嫌がるのは、無視されることなのだが、みんなに声をかけてほしいならもう少し感じよくしてくれても、と思う。
*
 別にぼくは特別な人間じゃない。何をしてもしっくりこなくて、間違った選択ばかりして苦しんでいる、チヤラ男はいつの時代でもどんな国にも、どこの会社にもいるのかもしれない。生きるということはプロセスだ。つまり誰にでも「その後」はあるということなのだ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020.12.25

杉本貴司★ネット興亡記――敗れざる者たち         …………IT企業の“創業社列伝”

05202008


 栄光をつかみスポットライトを浴びる者たちを、世間は「時代の龍児」ともてはやし、あるいは、「IT長者」や「成金」と心の中でさげすんだ。


 だが、多くの人たちは知らない。


 そこにあったのは未開の荒野を切り開く者にしか分からない壮絶なドラマだということを。パソコンやスマホの画面の中で毎日のように見かけるサービスは、そんな隠されたストーリーを何も語らない。

 栄光、挫折、裏切り、欲望、志、失望、失敗、そして明日への希望……。
 数え切れない感情が交錯するなかで、ある者は去り、ある者は踏みとどまった。


★ネット興亡記――敗れざる者たち /杉本貴司 /2020.08/日経BP


 90年代からの日本のIT企業の誕生の成功と挫折を追った“創業者列伝”。

 ドコモのiモード、ヤフー・ジャパン、楽天、ライブドア、ミクシィ、LINE、メルカリ等の創設への展開はまことにスリリング。この記録は一種の“辞典”として役立つ。それにしてもどういうわけか自著を表わすことが好きな天才たち。

 彼らはライバルというより狭い世界でつながった“仲間”であることに驚いた。

 あわせて森功『ならずもの 井上雅弘伝――ヤフーを作った男』を読んだ。

 当方は、80年代のパソコン事始めのPC8801購入、90年代のniftyパソコン通信、asahiネットの句会、インターネットでホワイトハウスに初接続、駅前の商店街の入り口で通信モデムを無料配布していたヤフーBBなどなつかしみ、

 現在のブログ、ツイッターの利用をやめないでいるのはなぜかと考えこんだ。

 

 

| | コメント (0)

森 功★ならずもの 井上雅弘伝――ヤフーを作った男            …………井上の残した名言「自分に理解できない人は採用する」

Photo_20201225072001


 井上がそうして手塩にかけて育ててきたヤフー・ジャパンが、スマホ時代の到来という転機を迎えていた。にもかかわらず、当人はあっさり経営を投げ出してしまう。

「正直に言えば、井上さんはヤフーに飽きたのではないでしょうか」
井上の社長退任理由について先の松本〔真尚=井上の懐刀〕はそうも口にした。その言葉の真意は、ヤフーにおけるソフトバンクの孫正義との関係に疲れたという意味だろう。

 その一方で、経営の若返りを図ろうとした孫〔正義〕に首を切られたという説も根強く残っている。

 孫と同じ1957年生まれの井上は2012年、55歳にしてビジネスの世界から身を引いた。だが社長退任は、少なくとも孫との関係だけが理由ではないように感じる。

 間違いなく井上は、50歳になった頃から55歳になるまでの5年のあいだ、社長を退くタイングをはかってきた。それは、米ヤフー・インクが経営難に陥った2000代後半の時期と重なる。つまり米国事情が井上の進退に大きな影を落としているように思えてならない。

 

★ならずもの 井上雅博伝――ヤフーを作った男 /森 功 /2020.05 /講談社


 井上 雅博(1957~ 2017)
 1996年1月 ヤフー・ジャパン設立。同年7月からヤフー株式会社代表取締役社長に就任。日本におけるインターネットポータルサイトの草分け。

――「井上さんの残した名言はいくつもありますが、その中でも『自分に理解できない人は採用する』という言葉が印象に残っています。(川辺健太郎=ヤフー社長)

 ヤフーの社名の語源である無名の「ならずもの」を好んで雇い入れていった。
「今から振り返ると、井上さんが会社の創業期に採用した社員たちには、共通点がありました。インターネットが好きでたまらない人間ばかりだということです。それが、ヤフーの成功した最大の理由かもしれませんね」(宮坂学=ヤフー元会長)

 当方がヤフーでいちばん残念に思ったのは、検索エンジンをグーグルに替え、グーグルに対抗できる検索エンジンがなくなったことだった。検索がグーグルの恣意的独占事業になりはしないか。だが、それによって日本のヤフーだけが生き残ったという。それどころか、ヤフーは今なお、国内IT業界のトップ企業として君臨する。

 ――井上はストックオプションという自社株の割り当て制度や自らの投資のおかげで、莫大な財産を築いた。一説によれば、総資産は1000億円とも、それをはるかに上まわるともいわれる。
事実上の創業社長ではあるが、私財を投じて事業を立ち上げた事業家ではない。一介のサラリーマンからここまで成りあがってきたのである。(本書)

 井上は引退後、趣味の達人となり、クラシックカーをはじめ、ワインや音楽の世界に没頭した。
2017年、アメリカ・カリフォルニア州でクラシック・スポーツカーの耐久レース大会に参加している最中に自損事故を起こし死去。60歳没。

 IT業界“伝説の人”である。

 

 

| | コメント (0)

2020.11.25

清武英利★サラリーマン球団社長            …………オーナーに翻弄されながら、監督、選手のために改革に取り組む


Photo_20201125141201


 彼らは組織のなかで働きながら、二つのことを証明した。

 一つは、どん底の会社や組織をひっくり返すような改革は、主流の人々よりも異端者や、冒険心に溢れた傍流の者によって成し遂げられることが多いということである。本社や上司にこびない意地を備えているからだろう。

 そして、彼らが示したもう一つは、たとえ素人であっても、頑固な情熱があれば理想球団の夢が描けるということだ。

 

清武英利★サラリーマン球団社長 2020.08/文藝春秋


 野崎勝義――阪神電気鉄道株式会社の旅行マンから、子会社の「阪神タイガース」に出向を命じられた男。「タイガースはたいしたことない、強い弱いと騒がんでもええ」という久万俊二郎オーナーに翻弄されながら、野村監督、星野監督たちと旧弊の改革に取り組む。

 鈴木清明――東洋工業株式会社(現・マツダ) の幹部候補生たったのに辞表を提出し、「広島東洋カープ」に身を投じた男。松田元オーナーの思いつきのアイデアに翻弄されながら、黒田、新井たちと生え抜き選手中心の改革に取り組む。

 著名な経営者の野球に関係のない“格言”を盛り込んだのは、無用。

 元読売ジャイアンツの球団代表、ゼネラルマネージャーとしてプロ野球の内側を知り尽くしている著者が描く球団経営の実態。阪神、広島の裏面史として出色のおもしろさ。

 

 

 

| | コメント (0)

2020.07.10

菱田信也★芝居小屋戦記 神戸三宮シアター・エートー の奇跡と軌跡    …………いつの時代も新しい文化は路地から生まれる

Photo_20200710074601


 アクティブ、能動的に、とはつまり、劇場側が主催者となり、オリジナルのイベントを積極的にプロデュース(制作)し、これを興行として売っていくことで収益を得るというビジネスになります。
 まず第一に、これが本劇場の大きな特色と位置付けました。
アクティブ型業務の自主プロデュースを打っていくのは大きなリスクを伴います。


 貸館ビジネスをしているだけであれば、借り手から貸館料、設備費をいただくだけの話で、もしもお客様が入らなくても劇場側に痛みはない。


 しかしシンプルに、「それで楽しいか」という、出てこなくていい問いが出てきてしまう。


 残念ながら、大下支配人を筆頭に、私、村上……、同じような考え方をする人間が集まってしまったのです。

★芝居小屋戦記 神戸三宮シアター・エートーの奇跡と軌跡 /菱田信也 /2020.04 /苦楽堂 


 神戸の中心地JR三ノ宮駅から徒歩3分の場所に、2017年4月オープンした小劇場「神戸三宮シアター・エートー」がある。その創成期の記録である。ミニシアターの作り方、そのハードとソフト、スポンサーとスタッフの考え方が、細部にわたり記述されている。その奮戦ぶりは、ここでは紹介しない。ぜひ本書で……、

 スポンサーを記憶にとどめておこう。

 ――劇場プロジェクトを推進しているのは大下順子ですが、運営母体は「スミレ会グループ」。神戸市内に北須磨病院、名谷病院、伊川谷病院と2つのクリニック、ほか県外に5つの病院。全国各地に多くの介護老人ホーム、特別養護老人ホーム、そして福祉専門学校に幼稚園まで擁する、総従業員数3000名弱、年商数百億円の巨大組織。大下順子はこのスミレ会グループのトップ、前田章理事長の妻。 (本書)

 つづいてシアター・エートーの名前の由来も記憶にとどめておこう。なお、支配人の大下順子、前田順子、大志田詢子は同一人物。

 ――神戸市須磨区の前田順子さん。大阪芸術大でバレエを学び、同大の非常勤講師も務めた。〔…〕
劇場の名称「神戸三宮シアター・エートー」は、同大のキャンパスにあるプレハブ「A棟」がモチーフ。かつては関西の代表的な劇団「劇団☆新感線」の拠点となるなど多くの演劇人らを輩出した。学生時代と同様、「お金にはならないが、演劇に情熱を燃やせる場所に」と名付けた。 (本書)

 本書に収録されている宰井琢騰(さいたくま)氏ならびに小泉克明氏との対談が興味深い。両氏とも神戸で不動産業を営みながら多彩な文化事業の仕掛けをやっておられる方のようだ。

菱田 言葉は悪いんですけど、子供の頃は三宮あたりを「暗黒街」やと思ってたんですよ。北野坂から下はまったく空間が違う。生田新道ビルのあたりなんか、まさに大人のエリアって感じだった。大人の男にならなきやそこには行けないよ、子供はダメだよ――みたいな不文律。
宰井「俺もいつかはあそこに行くんだ」っていう感覚ですね。
菱田 実を言いますと、ぼく、二十歳くらいの時にイキってマンダリンパレスに行って飲めない酒を飲んでたら、宰井さんのお父さんらしさ方に、そんなこと言われた記憶があるんですよ。 (本書)

 以下、95年の阪神淡路大震災、「がんばろう神戸」って掛け声があって、「そもそも、頑張るの嫌なんですよ、三宮の人間」といった話になり、震災以降神戸が変質した話になるのだが、それはともかく……。

 たしかに1960年前後の生田新道辺りへ行くのは、若者にとってちょっと“冒険”だった。組員が風を切って歩いていたし。知人の某は、ハマガワに勤めていたが、夜にヤマガワへ飲みにゆくときは、ナイフを忍ばせていた。キャバレー新世界は、市内のどこからでもタクシーで乗り付ければ、料金を支払ってくれた。むかしむかしを思いだした。

小泉 変なもんは大概、路地にしかないですよ(笑)。〔…〕
菱田 だから、うちのお客さんがやたら道に迷って迷宮にはまり込むというのは、全然正解なんですね(笑)。
小泉 そうそう、そうです。今はもう、路地にしか面白いものは残ってないんです、ぴかぴかの道んところは、おカネに換わるから建て替えちゃう。〔…〕
逆に言えば(路地は)「面白くするしかない」。正直、経済原則でいうとうまくいかないから、「それやったらなんか面白いことしよう!」みたいになる(笑)。
菱田 そうかあ、そういうことか。ここは「なるべくして、劇場になった」わけだ。 (本書)

 いつの時代も新しい文化は路地から生まれる。醒めやすく移り気な市民も多い街で、集客に知恵が求められるコロナ禍の後の時代に、この神戸三宮シアター・エートーが長く持続されることを、祈るや、切。

 

 

amazon菱田信也★芝居小屋戦記 神戸三宮シアター・エートーの奇跡と軌跡 

 

 

| | コメント (0)

2019.10.04

小松快次◎恐竜まみれ――発掘現場は今日も命がけ

2019061


 だがご存知のように、爬虫類的な恐竜から、鳥型の恐竜へと進んだのが大きな進化の流れだ。世界中の恐竜研究者の成果によってその事実が明らかになった。

 いまや恐竜ファンの子どもたちは誰でも知っていることだが、念のために言っておこう。いま現代に生きている鳥類は恐竜である。〔…〕

 絶滅した恐竜の祖先系がワニ類で、末裔が鳥類なので、恐竜の行動や姿形を推測するためにはワニ類と鳥類の両方を見比べるのだ。

小松快次◎恐竜まみれ――発掘現場は今日も命がけ   2019.06/新潮社


 著者小林快次(こばやしよしつぐ・1971~)は、古生物学者、北海道大学総合博物館教授で恐竜の著書多数。

 約23000万年前、恐竜が地球上に現れた。恐竜は17000万年にわたって繁栄した。現在までに1000種類を少し超える恐竜に名前(学名)がついている。そのほとんどは、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、イギリス、中国、そしてモンゴルの6か国で発見された。

 だが日本でも北海道むかわ町で「むかわ竜」が発見された。全長8m、頭から尻尾まで8割以上の骨がそろった「全身骨格」。約7200年前の白亜紀の地層から。学名「カムイサウルス・ジャポニクス」。著者はその発掘調査を指揮した。その経緯は本書に詳しいが、その一部分を抜粋……。

「大腿骨はかなりでかいはずだから、あれば一発で分かるはずなんですよね」

「どんな形ですか?

「おそらく、1メートルくらいの長さでこれくらいかな」

「小林さんの腰かけてるノジュール、形似てますね」

「えっっ?

「マジか?

それはまさしく大腿骨だった。

――私が考える大発見とは、実は私たちの身の回りに転がっていて、データも現象も見えているのに、それが他とは違う特別なものだと気づいていなかったことに『気づくこと』なのです。〔…〕

興味をもつこと、好きになることが重要であり、その先に、自分なりの大発見が待っている。 (本書)

2019062

小松快次◎恐竜まみれ

 

 

| | コメント (0)

2019.09.28

牧 久◎暴君――新左翼・松崎明に支配されたJR秘史

2019


(問質性肺炎で入院中)病床で詠んだ句がある。

D型もD民同へ涸谷に

すでに松崎は死期の近いことを自覚していたのだろう。〔…〕

松崎が牽引車となって進めて来た「闘う動労型労働運動」はすでに水源も枯れ、流れ落ちる水もない岩層が転がる涸れ谷となろうとしている、という無念の思いを詠んだものであろう。

その原因を作ったのは自分自身であることを、松崎は果たして気づいていたのかどうか。

 

★牧 久◎暴君――新左翼・松崎明に支配されたJR秘史   2019.04/小学館


 牧久(1941~)は日本経済新聞社社会部長を経て副社長。本書は『昭和解体――国鉄分割・民営化30年目の真実』(2017)の姉妹編。

 松崎明(19362010)は旧国鉄動労でスト権ストを指揮し、のちJR東労組委員長としてコペルニクス的転回で国鉄分割民営化に賛成した。新左翼革マル派幹部。

 小、中学校のころから俳句を作り、旧国鉄、JR時代も句会に参加していたという。「冬服に変え退院豚カツうまし」が最後の句となった。

 

牧 久◎暴君https://a.r10.to/hfaxQ1

 

 

| | コメント (0)

2016.12.21

青山文平■かけおちる

20161221

 

 その暗い川から、鮭が跳ねる音だけが届く。

 鮭はまだまだ上がっている。遠い海から山を目指している。

 飛沫の立つ音を耳にしながら、それにしても……と重秀は思う。

 

 自分はなにも見えていない。己の目で見ている気になっているが、実は見ているつもりで終わっているのだ。

 あるいは見たいものだけを見て、見たくないものには目を向けようとしない。

 そうでなければ三度も、近くに居る者が欠け落ちたりはしない。

 

 ■かけおちる|青山文平|文藝春秋|20126|ISBN9784163814308 |

  「かけおちる」は、「欠け落ちる」、「駆け落ち」である。欠け落ちた二人が逃げ続ける限り夫は追跡せざるをえない。すなわち妻仇(めがたき)討ちである。

  柳原藩5万石の執政阿部重秀は、鶴瀬村の名主中山藤兵衛、裕福な農家の出で幼少時から本草学に優れた森田啓吾の協力を得て、殖産振興に努めている。当面は、鶴瀬川を改修し、鮎の産卵場を設け、鮎の流通を図ること。そして3人は、本草書、農書、蘭書を中心に柳原文庫を創設し、身分のいかんにかかわらず、そして広く国外にも開放しようと準備している。

  阿部重秀59歳。家老、中老に次ぐ要職にあるが、50を過ぎるまで郡役所に籍を置く農政の実務家であり、門閥の出ではない。苦労と努力の人である重秀は、啓吾に言う。

  ――「なにかを成そうとする者にとって、人の一生は短すぎる。ときは大事に使わなければならん」〔…〕「独りで学問を発展させるのは難しい。良き師と良き学友は、よけいな回り道をせぬためにある。俊英たちと説を闘わせることで、無駄なく速やかに己の進むべき道が絞られるのだ」(本書)

  娘理津の婿阿部長英は、中西派一刀流の指南免状をもつ番方(武官)だが、現在は義父重秀の要請で江戸詰めの慣れぬ役方(文官)で、養蚕など興産の策を担当する。「雪を冠った鋭い頂きのよう」な清冽な男である。

  娘理津は言う。

  ――「父上のようにご自身でどうにも居場所を築いていける方から手を差し延べられても、わたくしのような者は安心してその手を握り返すことができません。〔…〕。わたくしの掌が温もりを、湿り気を感じるのは、同じように居場所を見つけられずにいる手です」

  ――「父上は言葉が説く世に生き、わたくしたちは言葉で説けぬ世に棲み暮らしております。わたくしたちは言葉よりも、息づかいを聴きます。わたくしたちを満たしている血の音を聴きます。もしも、その境目が見えていらしたら、旦那様を役方に、それも興産掛にされることはなかったと存じます」(本書)

  阿部重秀。自分にできたことは他人もできると思う努力の人にして、限りなくやさしすぎる男。その男の悲劇にして、妻や娘や婿の“覚悟”の物語である。

 

 青山文平つまをめとらば

 青山文平鬼はもとより 

 青山文平白樫の樹の下で

 青山文平■伊賀の残光

 青山文平■励み場 

 青山文平■約定

青山文平■半席

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.17

青山文平■励み場

20161217_2

 

 昌泰はすっと話を切り替える。

 「普請役の笹森信郎は、話を鵜呑みにしないで、自分ので考えるというもっぱらの評判だ。いちいちきっちりしていて使えるから、こっちの手間が省けて楽ができるとな」

「さよう、ですか」

 「言っておくが、どいつを使うかを決めるのは、畢竟、そこだぞ。

 仕事ができる、できない、ではない。こっちが、楽ができるかだ。仕事なん、できて当り前だ。

  最後の決め手は、使うこっちの荷が軽くなるかどうかしかない。

 たとえ仕事ができたって、面倒な奴で、よけいな荷を増やしてくれたら、なんにもならん」

 

 励み|青山文平|角川春樹事務所|201698|ISBN: 9784758412926|

 上掲の昌泰とは、下勘定所勘定の青木昌泰。普請役の笹森信郎の上司。四十そこそこの働き盛り。実務の力は折り紙つきで、上からも下からも身分を越えて頼りにされる。その気になったときの押しの強さは相当なもの。

  本書は、“名子”がテーマである。名子とは……。

  戦国の世を経て、大名になれなかった領主たちは、大名の家臣となって城下町へ移り住み、自分の領地をあきらめるか、それとも、武家の身分よりも領地をとって、百姓になるか、を迫られる。

 その領地をとって土着した昔の領主が今の名主であり、その家臣が名子。百姓はしているものの使用人ではなく、元武士であり家臣である。

  だが、自分の才覚や意志で動ける小作や作男とちがい、名子は百姓の長の命により農作をするだけという最下層の存在になってしまっている。

  主人公笹森信郎は、幕府代官所の書き役、平手代、元締め手代と上り詰め、土地の人間の敬意を一身に集める。が、名子の信郎にとって“そこは励み場ではない”のだ。そして勘定所普請役の御役目を得て江戸へ出る。武家となるために。

 ――生まれついた家筋がすべて、という幕府の職制のなかで、力さえあれば上が開けている仕事場が勘定所だ。実際、御目見以下の御家人が、以上の旗本に身上がる目があるのは、勘定所をおいてない。しかも、信郎の普請役のように、武家以外の身分が、武家となる階段も用意されている。ひいては、百姓・町人が旗本になる路が開かれているということだ。(本書)

 そこで出会ったのが上掲の青木昌泰。エリートであり、出世頭。こんな発言もある。

 ――「それで、元締め手代まで上り詰めたのは見上げたものだ。おぬし、己の力には相当の自負があるだろう。しかしな、縁戚の力は大きいぞ。〔…〕縁戚でまとまってこそ武家なのであって、独りの武家など武家ではない。しがらみで、がんじがらめになって初めて武家なのだ」

 この励み場はな、励むだけでなんとかなるような安穏な場処ではないのだ」(本書)

 昌泰は“閥”の効用を説く。いや実態を説明する。昌泰は本筋に関係ない“脇役”だが、こういう上司の元で働きたいと思ういさぎよい人物である。

 本書の惹句にある「仕事とは何か」「人生とは何か」「家族とは何か」を深く問う書き下ろし時代長篇は、ここからが本番である。

 

 青山文平つまをめとらば

 青山文平鬼はもとより 

 青山文平白樫の樹の下で

 青山文平■伊賀の残光

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

清武英利■プライベートバンカー――カネ守りと新富裕層

20161201

 

 シンガポールのプライベートバンクの中には、相続税逃れで移住しようという資産家に警告するところも出てきた。外資系のバンカーが言う。

 「相続対策のために妻と子供でシンガポールに移住したい、という金持ちが来るんです。

  そういう方に私は『我慢できませんよと言います。オフショアブームに乗るのはいいが、

税金ゼロのために人生後半の貴重5年間を何もしないで毎日ぼーっとしていられるんですかと。

  国税庁が5年ルールを7年、いや10年ルールに改正してしまうリスクもある」

 咲子はこう思っていた。

――富裕層の人々はカウントダウンを待っているでも、5年経ったら晴れて日本に帰れるのだろうか国税庁がそれを黙って認めるのか、見ものだな。

 

 プライベートバンカー――カネ守りと新富裕|清武 英利 |講談社| 20167|ISBN: 9784062201995|◎おすすめ

 富裕層の資金を集め、運用するプライベートバンカー。「カネの傭兵」「マネーの執事」ともいわれる。

 本書の主人公は、野村證券のトップセールスマンからシンガポール銀行(BOS)ジャパンデスクへ。顧客の資産残高を増やせば、預かり資産の1%近い報酬を得る。顧客が儲かれば、バンカーも潤う。

 さらに主人公は、UBIキャピタルシンガポールへ転職。そこは究極の富裕層コンシェルジュ。英語を話せない日本人の富裕者一族に金融から保険、税務まですべての面倒をみるゲートキーパー(門番)。

 本書はシンガポールを舞台に、辣腕バンカーと富裕層の逃税術をめぐるノンフィクション。

  シンガポール政府が金融立国を宣言し、2004年には、新たな投資家勧誘プログラムが始ま

  ――2千万シンガポールドル以上の資産を持つ外国人が、その資産の半分を5年以上、シンガポールで維持することを条件に永住権を取得できるようになった。相続税もキャピタルゲイン課税もないオフショアに住む権利を、カネで買える時代が到来し、日本人富裕層もなだれ込んだ。

  ――IT長者に代表される彼らは利に敏く、動きが早いのです。かつてのシンガポールはタックスヘイブン(租税回避地)の代名詞で、いかにも税逃れを助ける国のように言われたこともありますが、今ではオフショア(課税優遇地)と評価されています。(本書)

  そこには巨大企業の元経営者など「イグジット(exit)組」、IT長者などの「ニューマネー組」が集まる。一代で財を成した不動産業者や土地持ち一族、パチンコ業者、病院経、飲食店チェーンやレストランのオーナー、女優、デザイナー……。

 ――(日本の税法の)大きな抜け穴が、通称「5年ルール」である。簡単に言えば、被相続人(親)と相続人(子)がともに5年を超えて日本の非居住者であるときは、日本国内の財産にしか課税されないのだ。〔…〕

 問題は、「日本の非居住者」という定義である。日本の税法には「非居住者」の明文規定がなく、一般には「一年の半分以上を海外で暮らせば、日本に住んでいないこと(非居住)の証明になる」と解釈されている(本書)

 シンガポールは人口540万人の小さな国である。三度、行ったことがある。

 最初は70年代の終わりだが、観光地といえばタイガーバームガーデンと蘭園くらいだったが、オーチャードロードは2階建てのプラナカン建築が多く残り、美しい“南国”だった。日本占領時記念碑が目立っていた。

 だが行くたびに、歴史の厚みのないミュージアムに失望したり、マーライオンが大きくなっただけで、空がなくなり、息苦しい街になっていた。

 いまシンガポールは、「国民総背番号制」が外国人にも適用され、言論や集会の自由が認められていないという。それは観光客にとってはどうでもいいが、とにかくいつ行っても暑い。本書によれば、「四季はないが、三つの季節はある。hot(暑い季節)、hotter(もっと暑い季節)hottest(暑すぎる季節)」。

  さて、東南アジアに移住する日本人といえば、低所得者層がノンフィクションの定番であった。だが本書は、富裕層。共通するのは、時間が有り余って何もすることがないこと。カネにはまったく縁のない当方は、100億円のノルマと戦うバンカーよりも、シャングリ・ラホテル併設の家賃月200万円サービスアパートメントに一人で住み、「5年はここで頑張らないといかん。相続は大変だよ」という、おそらく老人性色素斑の顔をもつ老人の孤独を思った。

清武英利■しんがり――山一證券最後の12人

清武英利▼巨魁

水谷竹秀▼日本を捨てた男たち――フィリピンに生きる「困窮邦人」

瀬川正仁■ 老いて男はアジアをめざす――熟年日本人男性タイ・カンボジア移住事情

浜なつ子★マニラ行き――男たちの片道切符

下川裕治■ 日本を降りる若者たち

下川裕治◎「生き場」を探す日本人

| | コメント (0) | トラックバック (0)