13/言葉コレクション

2021.07.30

佐々木まなび◆雨を、読む。    …………季語にない美しいことばが並ぶ“雨のことば”辞典

202105


――辞書には、載っていない“ことば”がある。
宮川町に住んでいた頃、事務所を兼ねていたこともあり、
打ち合わせの後、お見送りがてら花街の石畳を歩くことがあった。〔…〕

夜の花街は、格子越しに、遠く、華やかな音が聞こえてくる。
――大好きな時間だ。
同じ音を聞いていたのだろう。


ふと、その方が
「こういう、舞妓さんの声とか、三味線の音が聞こえてくるのを
“もらい音”っていうねんて」と笑顔で教えてくださった。

〔…〕この“もらい音”は、花街に住む方たち、
「お母さん」「お姉さん」「地方さん」「芸妓さん」「舞妓さん」たちが使う廓の中のことば、なのだ。

――「載らないことば」

 

◆雨を、読む。 佐々木まなび/2021.05/芸術新聞社


 雨のことば辞典である。
たとえば「五感の雨」を引いてみる。季語にない美しいことばが並ぶ。

・視覚
雨窓(うそう)……雨の降る様子を映す窓辺。 
雨絣(あまがすり)……絣文様の一つで、経糸にのみ絣糸をずらして織り入れること。不規則に見える直線が雨に見立てられ、この名がついた。「雨縞」ともいう。

・聴覚
雨嘯(うしょう)……雨に濡れながら歌うこと。「嘯」はうそぶく、口笛のこと。
雨打(あまうち)……雨が打つこと。また、打たれること。「雨打際」の略で、軒から落ちる雨だれが当たる所という意味もある。

・臭覚
雨香(うこう)……花の香りを含んで降る雨のこと。花の香りだけでなくとも「雨の匂い」は、森の香りを含んだり、土やアスファルト、また同じ水なのに、海や湖の香りもする。
香雨(こうう)……よい香りのする雨。雨の美称として使うこともある。

・味覚
苦雨(くう)……人を苦しませるほど、何日も降り続いている雨。苦痛というよりは、苦い思いと苦い味がたっぷり入っていそうな名前。
甘雨(かんう)……草木を育てる春の雨。恵みの雨のことをこう呼ぶ。

・触覚
冷雨(れいう)……晩秋に降る冷たい雨のこと。この雨が降ると、実際の気温よりも寒く感じられる。
凄雨(せいう)……ぞっとするはど寒い雨。凄まじくぞっとするという意味が文字に含まれる。風が強く、激しく降る雨。

・そして、六感
遣らずの雨(やらずのあめ)……客や恋人が帰る頃になると、引き留めるかのように降り出す雨のこと。留客雨と同意。
霊雨(れいう)……降るべきときに降る、よい雨。「佳雨」と同意。また、不可思議な雨のこともいう。

 著者佐々木まなびは、本書に、「気配、闇、間」を好み、それらを意識したデザインを追求し、茶道、美術館、劇場関係のグラフィックデザインを手がける、とあり、ネットには「毒気、想像を掻き立てるものを好む」とある。

 手元においておきたい1冊である。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020.12.23

13/言葉コレクション◆T版2020年…………◎小川糸・ライオンのおやつ◎岸本佐知子・ひみつのしつもん

13_20201223071801

13_20201223071802

13/言葉コレクション

小川糸★ライオンのおやつ 2019.10/ポプラ社

 

おやつは、体には必要のないものかもしれませんが、おやつがあることで、人生が豊かになるのは事実です。

おやつは、心の栄養、人生へのご褒美だと思っています。

 

*

  余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピス、で過ごす。そこで*毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があったー。終の島のライオンの家でのスタッフ、ゲストとの1か月をあたたかい筆致で描いたベストセラー。以下、本書から……。

*

 ――でも、もう十分がんばっている人に、さらにがんばれというのは相手を追い詰めるだけだから、がんばってという言葉は使わない方がいい、と言われていた。

 確かに、そうかもしれない。もうがんばりようがない人に、更にがんばれと叱咤激励するのは、酷だ。でも、自分ががんばっている時、がんばって、と応援されるのは、私自身は嬉しかったし、励みになった。

 

 ――今というこの瞬間に集中していれば、過去のことでくよくよ悩むことも、未来のことに心配を巡らせることもなくなる。私の人生には、「今」しか存在しなくなる。

 そんな簡単なことにも、ここまで来て、ようやく気づいた。だから、今が幸せなら、それでいい。

 

 ――よい旅を!

 亡くなった方には、私、いつもこの言葉を贈るようにしています。

 

 

 

08-2

 

13/言葉コレクション

岸本佐知子★ひみつのしつもん 2019.10/筑摩書房

 

たとえば空から落ちてくる雨粒の一つに住んでみたい。

360度透明なドームの中に浮かんで、歪みながらつぎつぎ変わっていく外の景色をのんびり眺めて暮らす。何千メートルの距離を地面まで落ちるあいだに、雨粒の中では百年が経っている。

――「エクストリーム物件」

*

 奇想天外、抱腹絶倒のキシモトワールド、「ちくま」連載エッセイ3冊目。もう20年近く連載が続いている。

 もう一つ、紹介

*

 ――「完璧」の「璧」は「壁」ではなく、自分のイメージしていた高くて傷ひとつない鉄の壁はまちがいたったと知ったとき。それら成長の瞬間は今も自分史に燦然と刻まれている。

 しかし成長は、いったんしてしまうとその後が存外つまらない。〔…〕

「完璧」の“璧”のこと“壁”って思ってない?」などと得意気に言って、人々の蒙を啓きつつ先に成長した者の優越感に浸ろうと試みるものの、驚くことにたいていの人は私より先にその事実を知っており、優越感どころか逆に見下されたりする。つまらない。

 ――「成長の瞬間」

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020.12.14

久世光彦★歌が街を照らした時代        …………引用しだすときりがない“歌詞=文句”の数々とエッセイのイントロ部分

Photo_20201214085801


  あるひとつことに拘泥しつづけたり、たとえ偏りすぎるくらい偏っていたとしても、
 人にしかない確かな人生を経て来た人たちの周辺には、こうした色や輝きや匂い、音や温度や空気の動き、そういったものがはっきり感じられるものだが、それは別に神秘でも何でもない。

 見えつ隠れつその人の想念の中に絶えずあるものが、水がゆっくり滴るように流れ出ているだけの話である。〔…〕

 俳句のように、人にもそれぞれ季語、季題のようなものが一つずつある、というのはどうだろう。

 たとえば竹久夢二なら〈女〉、ずいぶん名誉な季語である。乱歩は〈幻〉、山頭火が〈風〉で昭和天皇は〈金木犀〉。他人のことばかりでは面白くないから自分についても考えてみるのだが、残念なことに季語らしいもの、何も浮かはない。きっと五十年、無為に過ごして来たのだろうと、ちょっと淋しくもなる。

 人間、季語のひとつぐらいは懐にしのばせて死にたいものだが、いまとなってはもう遅い。

――「阿久悠の向うに海が見える」

★歌が街を照らした時代 /久世光彦/ 2016.05 /幻戯書房


 『マイ・ラスト・ソング』という名著をもつ久世光彦は2006年に亡くなったが、その10年後に「歌」についてのエッセイを集めた本書が出た。

 ――私たちが若いころは、歌詞は〈文句〉と言い、曲は、曲とも言ったが、〈節〉と言った。ビートルズがやってきたころから、それが詞・曲になったという人もいる。どっちが良い悪いと言っているわけではなく、《義理だ恩だと並べてみたら/恋の出てくるすきがない…‥》(「兄弟仁義」)は〈文句〉で、《Hello, my friend /君に恋した夏があったね……》は歌詞だという話をしているのだ。(「文句」)

 というイントロを経て、「〈文句〉の名人は、星野哲郎である」と本論に入る。

 ――別段どこにどう和風の気配があるわけでもないのに、何となく日本的な背景が似合う言葉というものがある。たとえば〈みれん〉、たとえば〈うすなさけ〉、たとえば〈面やつれ〉
 ――どれもシャンデリアやタキシードには似合わない。大川を下る夜舟の櫓の音とか、ちょっと疲れた黒塀越しの長唄の声まで欲しいとは言わないが、そんな効果音が入ると、途端に生き生きと色っぽくなるから不思議である。他にも〈心変わり〉とか、〈気落ち〉とかがそうだし、〈ねんごろ〉なんかもベッドというよりは畳に布団がよく似合う。(「うすなさけ」)

 ところが話はがらりと変わり、昔々の映画『モロッコ』のゲーリー・クーパー、ディートリッヒの話。
 「この言葉は、和洋の問題ではなく、〈うすなさけ〉が、男にとっても女にとっても、まだ甘酸っぱいロマンだった、過ぎ去った〈ある時代〉の名残りの言葉だということなのだろうか」と結ぶ。

 ――〈読み人知らず〉という言葉が、五、六歳の子供のころから好きだった。この言葉をいったいいつ憶えたのかは定かでないが、まだ小学校へ上がる前だと思う。子供心に、この言葉に何となく神秘と悲劇と浪漫を感じていた記憶があるのだ。それなら〈読み人知らず〉を知ったのは何によってかと考えてみると、『百人一首』だろうと見当がつく。(「読み人知らず」)

 これもイントロの部分で、「大きな声で歌えない歌、世を憚る歌というのも、〈読み人知らず〉のことが多い」と本論、“放送禁止歌”に入っていく。

 引用しだすときりがない“歌詞=文句”の数々とエッセイのイントロ部分……。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020.11.30

磯貝英夫・室山敏昭:編★類語活用辞典 新装版       …………“読む辞書”として楽しい

Photo_20201130075601


 たとえば、われわれが小説を読んでいて、

 中にはあの男をののしって、画のために親子の情愛も忘れてしまう、人面獣心のくせものと申すものもございました。 (芥川龍之介=地獄変)

 の中の「情愛」を「愛情」と言い換えることはできないだろうか、なぜ、ここは、「情愛」でなくてはならないのだろうかと考えることがある。〔…〕

 手元にある国語辞典の一冊を開いてみると、次のような説明が見える。

情愛  いつくしむ心。なさけ。愛情。

 

愛情  ①肉親や親しい者をいとおしく思う気持ち。情。愛。情愛。②物事に対して、親しく大切に思う気持ち。愛。

 これを見ると、「情愛」と「愛情」の意味のちがいが、いまひとつはっきりしない。とくに、先の地獄変の「情愛」が、なぜ「情愛」でなければいけないかということは、この説明からは理解することができないようである。

 もし、この国語辞典に、「情愛は、肉親・夫婦間の関係で用いられることが多く、愛情ほど激しくはないが、深いこまやかな思いやりの気持ちを表す場合に使う。」

といった説明が加えられていたなら、地獄変の「親子の情愛」は、やはり、「情愛」でなければいけないということがわかるはずである

 

――「類義語の世界 2ことばの意味がわかるということ」

★類語活用辞典 新装版 /磯貝英夫・室山敏昭:編 /2020.04 /東京堂出版


 日頃、俳句を作るとき、よく利用するのは角川書店編『合本俳句歳時記 第3版』である。春・夏・秋・冬・新年の5分冊を使っていたが、ぼろぼろになったので合本版に買い替えた。この歳時記は、現在第4版増補(2011年)まで出ているが、収録されている「例句」が当方に合うのは第3版(1997年)である。

 また『逆引き季語辞典』(1997年・日外アソシエーツ)も多用している。

 もう一つ欲しいのが「類語辞典」である。そこで近くの図書館で約10冊の類語辞典を比べて、これがいいと決めたのがこの『類語活用辞典』である。本書は1989年刊行の「四六判」を「A5判」にした新装版で、なにより文字が大きいのがいい。

 たとえば、「あたふた」には、あたふた・そそくさ・そこそこに・うろうろ・そわそわ、が類語だとしている。

 そういえば菅首相が2020年10月29日衆院本会議で「国民の政権への期待も“そこそこに”ある」と述べて、議場が騒然とする一幕があった。のちに「国民の期待もそこにある」と議事録が訂正された。菅首相は間違いに気づいて“そわそわ”し、官邸は“あたふた”し、議会事務局は“うろうろ”し、職員は“そそくさ”と訂正したのだろう。

 だが新装版といっても判型が変わっただけで、内容は1989年版と同じらしい。言葉にははやりすたりがあり、当方が望む今の言葉がでてこない。たとえば、“姑息”な安倍、“隠蔽”の菅、“野卑”の麻生、コロナ分科会長の“忖度”とか、担当大臣の“自粛”とか……。

 そういえば菅首相が頻用する言葉に“こうしたこと”や“そうしたこと”がある。2020年10月9日の報道3社のグループ・インタビューでわずか30分の間に、“こうしたこと”が24回、“そうしたこと”が15回使われている。

 菅首相の貧弱な言葉遣いに、当方は不安視し、憂慮し、懸念し、胸騒ぎを覚え、危惧する。杞憂に終わればいいが、寒心に堪えない。

 というわけで、句作の参考にせず、もっぱら眠る前に“読む辞書”として楽しんでいる。

 

 

Amazon★類語活用辞典 新装版

 

 

| | コメント (0)

2020.07.19

北野新太★等身の棋士        …………☆歴代中学生棋士は14歳の藤井聡太をどう見ていたか 

201712


・渡辺明、語る

「堅さこそが正義という時代がけっこう続きましたけど、今はもうそういう将棋は指せなくなってきています。王様の守備が薄くでも、コンピュータソフトが高い評価値を出せば検討に値する、という考え方に変わってきています。藤井君の将棋は、まさに時代の流れを象徴しているんですよ」

 14歳が成長を遂げれば、いずれは大舞台で二人は雌雄を決することになるだろう。〔…〕

 今年の竜王戦で戦ってみたかったですか…‥?


「戦いたくなかったです。中学生と戦う心の準備はできなかった。

せめて高校生になってからにしてよ、と思いました(笑)」

――「藤井について語る時に渡辺の語ること」(2017年7月)

★等身の棋士 /北野新太 /2017.12 /ミシマ社


 ――棋士という二文字は「将棋を指す侍」を示している。〔…〕
160人いる棋士たちは皆、自らが信じた将棋という勝負において光り輝くために戦っている。日夜の研鐙を積み、策略を謀り、勝利という絶対を追い求めている。 (本書)

 その中に藤井聡太(2002年7月~)がいる。杉本昌隆8段門下。
 2016年に史上最年少(14歳2か月)でプロ入り(4段昇段)。無敗で公式戦最多の29連勝記録。その後、2020年7月、棋聖戦五番勝負で渡辺明三冠を相手に3勝し、初のタイトルを獲得。17歳11か月でタイトル獲得の最年少記録を30年ぶりに更新した。

 本書は3年前の2017年の14歳、藤井翔太を追尾する。

・羽生善治、語る

 ――単刀直入に聞いた。第一人者として藤井の出現を脅威には感じないのか。一呼吸を置いた後、羽生は言う。
「もちろん、次の世代が出てくることによる大変さはありますけど、全くそのような人が出てこない世界には活気がありませんから。だから非常に良かったと思っています」〔…〕
「檜舞台で顔を合わせる日を楽しみにしています」
(本書「藤井について語る時に羽生の語ること」2017年7月)

・谷川浩司、語る

 ―― 同じ関西所属ですが、今のところ対戦がありません。
「現時点で相当に厳しい勝負になるとは思っています。完璧に指したと思える将棋でないと勝つことは難しい。一手でもミスをすると勝てない、という将棋を要求されるプレッシャーはありますよね」
(「文春オンライン」北野新太「谷川浩司九段が語る」2018年12月)

・加藤一二三、語る

「デビュー戦での藤井4段は、私をピタッと見た瞬間があったんですね。加藤先生、あなたの方が(現局面を)面白いと思っているでしょ、でもこの将棋は、わたくし藤井聡太が勝っていますよ、という視線を送っていて非常に感心しました。
 破竹の連戦連勝、29連勝は全く想像もしょせんでした。全局研究しましたが、作戦が非常にうまくスピーディーで、彼には欠点がひとつもないんですね。
(本書「名人の引退」2017年7月)

・歴代中学生棋士と藤井の対戦成績(2020年7月現在)

加藤一二三(1940~、14歳7か月) 藤井の1勝0敗
谷川 浩司(1962~、14歳8か月) 藤井の1勝0敗
羽生 善治(1970~、15歳2か月) 藤井の3勝0敗
渡辺 明 (1984~、15歳11か月) 藤井の4勝1敗
藤井 聡太(2002~、14歳2か月)

 

Amazon北野新太★等身の棋士

 

 

 

| | コメント (0)

2020.07.06

吉田篤弘★流星シネマ    …………200年前に鯨が川をのぼってきたという伝説がある町で暮らす人々のあたたかな物語

Photo_20200706081701


  メアリー・ポピンズは映画化されたときに、名前から「ア」の一字が抜けて、「メリー・ポピンズ」になった。

 われわれがまだ中学生のとき、メアリーにかぶれたミユキさんの格好を見て、アルフレッドが面白がった。同時に彼は、Maryが「メアリー」になったり「メリー」になったりする日本語の表記を不審がっていた。原典の翻訳本は「メアリー」だったが、いまや、「ア」が抜けた映画の「メリー」の方が名を馳せている。〔…〕 

 僕としては、図書室の棚に並んでいた「メアリ」に思い入れがあり、省略されたような「ア」の欠落は、メアリーがコートのポケットから手袋を取り出したときに、うっかり「ア」の一字を取り落としてしまったような残念さがあった。

★流星シネマ /吉田篤弘 /2020.05 /角川春樹事務所


 ――この世界はいつでも冬に向かっている。

 僕、太郎はその町で、〈流星新聞〉を発行するアルフレッドの手伝いをしている。ゴー君、ミユキさん、バジ君、椋本さん、カナさん――。200年前に鯨が川を登ってきたという伝説がある町で暮らす人々のあたたかな物語。以下、本書から。
*
「カナさんが僕に云った、シを書きなさい、という言葉の意味なんですが、あの『シ』は、死のシなのでしょうか、それとも、詩のシなんでしょうか」〔…〕

「同じ響きを持った言葉は、どこか底の方でつながっているんじゃない? わたしはそう思っています。詩はいつでも、その背中に死を背負ってる」
*
人間という動物は、その姿かたちや基本的な能力がいったん完成されたあと、後天的に付け加えられた能力がある。その最たるものが「忘却」ではないか。
*
 ――矛盾と仲良くならないと人生はつまらない。

 

Amazon吉田篤弘★流星シネマ

 

| | コメント (0)

2011.09.12

上原善広◎私家版差別語辞典

20110912

*

現在、マスメディアにおいてはやはり使用されていないようで、言いかえによってこの片手落ちを聞くことはほとんどない。

やはり障害者団体に対する配慮なのであろうが、「片手落ち」から「片手のない人」を連想して自粛し使わない方が、かえって恣意的に感じる。〔…〕

部落解放運動の中で、差別用語が糾弾を受けた結果、極度に規制されていった経緯には同情の余地が残るが、その後の「言葉の名誉回復」をきちんとするべきだと思う。それがなされていないために、私は本書を書いたと言ってもよい。

歴史的な言葉は歴史に戻し、差別感がまだついていないものはできるだけ元に戻す。

それこそが「言葉の名誉回復」になると思う。

──「片手落ち」

◎私家版差別語辞典│上原善広│新潮社│ISBN9784106036798201105月│評価=○

<キャッチコピー>

「差別する言葉」はなぜ生まれ、なぜ消えていったのか? 被差別部落に根ざす隠語、あるいは心身障害や職業にまつわる言葉をめぐり、語源や歴史的背景、どこでどのように使われてきたのかなどを具体的に解説。また抗議と自主規制により「消えた言語」となってしまった現状も抉る。

<memo>

先日、発掘本・再会本100選の一つとして、きだみのる『気違い部落周游紀行』1948)をとりあげた。本書には、1993年に全国電気通信労働組合機関誌『あけぼの』5月号に、同書の舞台となった地域を訪ねて写真とともに紹介する記事に関して、内部からの指摘で26,0000部を回収したとある。

──なにしろ「気違い」と「部落」という言葉が二つも入っているのだから。今このタイトルで出してくれる出版社は皆無だろうし、再版も不可能であろうこの現在の状況は、やはりどこか「狂っている」。そうした意味では、私たちは気がつかないうちに、とても窮屈な世の中で生きているといえる。人権意識の高まりは、同時に閉塞状況をも生み出すという逆説があることを忘れてはいけない。一度失った言葉は、取り戻すのがほぼ不可能にちかい。しかし、コツコツとながらもそれをしていくのが、出版人なりマスメディアの課題であるといえる(本書「気違い」)

上原善広●日本の路地を旅する

上原善広◎異形の日本人

きだみのる★気違ひ部落周游紀行

| | コメント (0) | トラックバック (0)