« かく湯とは煮えたぎった湯のことです。冷やしようがない。 | トップページ | 何が「かっこいい」ことか、Windowsの設計者には分っていないらしい。 »

2004.11.01

青春小説の衣服は「脱ぐ/脱がせる」ためにある

okiniiri.bmp

お気に入りフレーズ(14)

青春小説の衣服は「脱ぐ/脱がせる」ためにある
 *
カタログ小説の真髄は「わかった気分」にさせること
 *
料理は男女間の距離を測る道具である
 *
オートバイは人格をもった登場人物の一人である
 *
プロ野球小説界のスターは阪神、悪役は巨人である
 *
貧乏小説はダメ男としっかり者の女の物語である

――斎藤美奈子『文学的商品学』


14-saitou.JPG


*読前:商品情報を読むように、小説を読んでみよう。文学の面白さはストーリーや登場人物の魅力だけではない。ファッション、風俗、ホテル、バンド、食べ物、そして貧乏。9つのテーマをめぐって、痛快無比の文芸評論。

**読後:★★ 賞味期限切れ寸前の商品多く新鮮味欠く。

***斎藤美奈子『文学的商品学』紀伊國屋書店・2004.2.23第1刷

|

« かく湯とは煮えたぎった湯のことです。冷やしようがない。 | トップページ | 何が「かっこいい」ことか、Windowsの設計者には分っていないらしい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春小説の衣服は「脱ぐ/脱がせる」ためにある:

« かく湯とは煮えたぎった湯のことです。冷やしようがない。 | トップページ | 何が「かっこいい」ことか、Windowsの設計者には分っていないらしい。 »