« ■ 散歩歳時記|佐伯一麦 | トップページ | ■ モモレンジャー@秋葉原|鹿島茂 »

2006.11.24

■ 関係者以外立ち読み禁止|鹿島茂

20061124kankeisyakashima

長いあいだ不思議に思っていたにもかかわらず、いまだに解決のついていない謎が一つある。徳川の鎖国政策の完全実施のさい、なぜ、キリスト教世界でオランダだけが例外とされ、貿易を認められたのかという疑問である。〔…〕

「オランダ人(男)から名誉や妻を奪うことは出来ても、金を奪うことは出来ない!」

第二次大戦中、日本軍によってインドネシアから追われたオランダ人が、今日になっても絶対に日本人を許そうとはせず、根強い反日感情を抱いているのはこのためなのである。

日本人はオランダ人にとって命よりも大切な金(財産)を奪ったのだ。

「オランダで一番大きな宗派は、何度も繰り返しますが、誰が何と言おうが『拝金教』です。ここでは『お金』が第一義なのです」

この最終的な結論の中に、われわれは、冒頭に掲げた大きな疑問を解くカギを見つけることができる。すなわち、鎖国のとき、オランダ人が布教を放棄してまでも貿易を選んだのは、彼らが「拝金教徒」だったからにほかならない。信仰よりも金が大事、なのである。〔…〕

中国はメンツ、韓国はプライド、アメリカは正義、そしてオランダは金、それぞれ聖域は異なるが、いずれも、この聖域を侵犯した場合には、永遠にたたる戦争には、敵国のメンタリティー研究がなによりも必要といわれるゆえんである。

――「命より金が大事」

■ 関係者以外立ち読み禁止|鹿島茂|文藝春秋|200304月|ISBN4163595708

★★★

《キャッチ・コピー》

世の中のエッチの「?」と「!」。「とは知らなんだ」疑問氷解の快文集。

memo

『オール読物』連載「とは知らなんだ」2冊目。

|

« ■ 散歩歳時記|佐伯一麦 | トップページ | ■ モモレンジャー@秋葉原|鹿島茂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 関係者以外立ち読み禁止|鹿島茂:

« ■ 散歩歳時記|佐伯一麦 | トップページ | ■ モモレンジャー@秋葉原|鹿島茂 »