« ■ 愛妻日記|重松清 | トップページ | ■ ああ、そうかね|山田稔 »

2006.11.30

■ 北園町九十三番地――天野忠さんのこと|山田稔

20061130kitazonoyamada

天野さんはまたその日、こうも語った。物書き、とくに名の通った物書きのこわいところは、老いてから書けなくなることでなく、抑制がきかなくなって、下らない作品をつぎつぎと書くことだ。老人性冗舌、表現における失禁。書かずにいるというのは、努力の、辛抱のいることなのだ。

老い且つ病んだいま、後に恥じることのない完璧な作品が書けぬのなら、沈黙を守ろうと天野さんは決心しているように見えた。

死後に出版された遺稿随筆集『草のそよぎ』に、「永井荷風は晩年まで……」(仮題)という一文が収められている。

晩年に下らない小説を書いた永井荷風と、ほとんど作品を発表しなかった志賀直哉をくらべた後で、つぎのように書く。

「作者という者は、たとえば、老令で思うように筆が運ばなくなったら潔く筆を捨てて、作家たることをやめてしまうことが出来ないものか、役者が舞台の上で死ぬことを何よりの本望と願うことが、いいことなのか、愚かしいことなのか、私には判断がつかない」

■ 北園町九十三番地――天野忠さんのこと|山田稔20009月|編集工房ノア|ISBN:……《絶版》

★★★★

《キャッチ・コピー》

エスプリにみちたユーモア。ユーモアにくるまれた辛辣さ。巧みの詩人、天野忠の世界を、北園町の自宅に遊びに行ったそのときどきを思い返す形で描く。

memo

無 言            

天野 忠

お前がころっと逝ってしもうて

秋風が吹いてきたいうのに

まだ

うちの貧相な薮蚊が刺しよる。

じゅつないこっちゃ。

な、

富士よ。

|

« ■ 愛妻日記|重松清 | トップページ | ■ ああ、そうかね|山田稔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 北園町九十三番地――天野忠さんのこと|山田稔:

« ■ 愛妻日記|重松清 | トップページ | ■ ああ、そうかね|山田稔 »