« ■ 書評家〈狐〉の読書遺産|山村修 | トップページ | ■ 禁煙の愉しみ|山村修 »

2007.02.27

■ 気晴らしの発見|山村修

20070227kibarashiyamamura

この世の薬という薬のなかで、たった一つ、私が好きといえる薬がある。目薬である。これは理想の薬といってもよい。

あの透明な、清冽な、水のしずく。なかなか落ちず、目の上でプルプルふるえながら、ついに瞳に落ちてくる、その瞬間のひんやりとするショック。

子どもの頃、目薬をさす大人を見てふしぎな気がしたものだった。まず、目が疲れるとか乾くとかいう感覚が分からない。それに怖くないのだろうか、目に直接、薬をしたたらせるなんて。

いまでも目薬をさすとき、その幼い、ささやかなスリルを味わう。同時にまた、たちまちにひろがる潤いの感覚を味わう。あらゆる薬が目薬のようであったなら、どんなにいいだろう。

肝臓がわるい――、透明な水のしたたりを飲む。皮膚病に苦しむ――、水をそっと皮膚の上に流す。割れるような頭痛がする――、澄んだ水に指を浸して額にあてる。それだけで回復してしまう。すべての痛みや苦しみが水の潤いによって消えてしまう。

――第5章 気晴らしの日々

■ 気晴らしの発見|山村修|新潮社|2004 03月|文庫|ISBN9784101435213

★★

《キャッチ・コピー》

心の不調なときにこそ、人は心の謎に近づくのかもしれない―。突然始まった不眠に続き、手足のしびれ、呼吸と心拍の異常、寒気などの強度のストレス症状にとまどい苦しむ「私」。

ストレスから抜け出そうとする試み自体が、またストレスとなる堂々めぐりの日々の果て、思いがけず「私」が辿り着いた場所とは。健康と不健康のあやうい境界に立った者だけが知る、心の新たな地平を探る。

山村修■ 書評家〈狐〉の読書遺産

山村修■ 気晴らしの発見

山村修■ 禁煙の愉しみ

〈狐〉■ 狐の書評

〈狐〉■ 野蛮な図書目録

|

« ■ 書評家〈狐〉の読書遺産|山村修 | トップページ | ■ 禁煙の愉しみ|山村修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 気晴らしの発見|山村修:

« ■ 書評家〈狐〉の読書遺産|山村修 | トップページ | ■ 禁煙の愉しみ|山村修 »