« ■ 狐の書評|狐 | トップページ | ■ 狐の読書快然|狐 »

2007.03.02

■ 野蛮な図書目録――匿名書評の秘かな愉しみ|狐

20070302yabannkitune

本は立って読む。夜、自室の出窓に小さなライトを置き、その前に立って読む。あらかじめ時間を区切っておいて、その時間内は立ちながら読むことに沈潜する。

ただし朝から一日、外で労働させている身体である。立っているのに耐えられないことがある。少なくとも快適ではないと感じることがある。快適でないのを我慢して本を読んではいけない。さっさと止めて、続きを明日の夜に回す。逆にどんなに快調に読んでいても、時間が来れば中断して寝てしまう。夜更かしは明日の仕事に差し支えるし、睡眠時間を削ってまで本を読もうとするのは、どこか貧乏くさい気がする。〔…〕

立ちながらの読書に、果たしてアイロニーなどがあるかどうかは分からない。ただ体躯をまっすぐに伸ばし、まるで一本の頓狂な竿のようになって本を読むという、その少しばかり滑稽な感じを私は好む。立って読むことに、私は決めた。

思えば、読んだあと、その一冊について書評を書くときもまた、私はそのたびに一本の愚鈍な棒になっている。

――序・野蛮としてのブックレビュー

■ 野蛮な図書目録――匿名書評の秘かな愉しみ|狐|洋泉社|1996 09月|ISBN9784896912296

★★★

《キャッチ・コピー》

匿名の読書案内人が読んだ「本の目利き」たちを唸らせる199冊。週にいちど夕刊紙に出現する、()の筆名で書かれたブックレビュー。研ぎ澄まされた「選書眼」と至妙な筆致で、本のもつ魅力が立ちあがる。

山村修■ 書評家〈狐〉の読書遺産

山村修■ 気晴らしの発見

山村修■ 禁煙の愉しみ

狐■ 狐の書評

山村修■ 〈狐〉が選んだ入門書

狐■ 狐の読書快然

|

« ■ 狐の書評|狐 | トップページ | ■ 狐の読書快然|狐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 野蛮な図書目録――匿名書評の秘かな愉しみ|狐:

« ■ 狐の書評|狐 | トップページ | ■ 狐の読書快然|狐 »