« 枡野浩一■ 石川くん | トップページ | 平山夢明■ 独白するユニバーサル横メルカトル »

2007.04.24

横田増生■ アメリカ「対日感情」紀行――全米50州インタビュードライブ600日

20070424americayokota

「マップス」とは、州都であるオクラホマシティの再建計画のこと。オクラホマシティでは現在、快適な住環境を整えるため、野球場やコンサートホールを建て替えたり、町なかに人工の運河を作って船を浮かべる計画が進んでいるのだ。〔…〕

オイルバブルがはじけたあと、オクラホマの経済はじり貧状態がつづいた。90年代に入ると、大手航空会社がオクラホマシティに修理工場を建設するという話が舞い込んできた。数千人の雇用を生みだすビッグプロジェクトとなるはずだったが、結局、工場は他州に建てられた。〔…〕

「工場を誘致する条件では、オクラホマが一番よかった。誘致に失敗したのは、条件以外のところにあったんだ。その航空会社は、オクラホマシティは娯楽施設や教育施設が貧弱でわが社の社員の居住地とするには魅力に欠けていた、と指摘したんだ。これが『マップス』につながった。〔…〕」

昼食に立ち寄ったブリックタウン球場の二階のレストランで、ジョンソンさんは語った。

「マップス」のために、住民投票で5年にわたる増税が決まり、集めた税金を10年かけて8つの都市再生プロジェクトに振りわけた。しだいに「マップス」は、ダウンタウン復興の成功例として全米に知れわたるようになった。

■ アメリカ「対日感情」紀行――全米50州インタビュードライブ600日|横田増生|情報センター出版局|2003 11月|ISBN9784795840423

★★★

《キャッチ・コピー》

テレビに映るブッシュだけがアメリカ人じゃない。メディアが伝えるアメリカは「本当のアメリカ」なのか? アメリカ人たちの目に「日本」はどのように映っているのか? これらの疑問の答えを探す。ただそれだけの理由で、彼は独り、アメリカ全50州を爆走した―。新鋭ジャーナリスト、魂のインタビュー紀行!

|

« 枡野浩一■ 石川くん | トップページ | 平山夢明■ 独白するユニバーサル横メルカトル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横田増生■ アメリカ「対日感情」紀行――全米50州インタビュードライブ600日:

« 枡野浩一■ 石川くん | トップページ | 平山夢明■ 独白するユニバーサル横メルカトル »