« 平山夢明■ 独白するユニバーサル横メルカトル | トップページ | 森 毅■ 元気がなくてもええやんか »

2007.04.26

中内力■ 選択―中内力・自伝

20070427hanndannnakauchi

その後、一円玉が全国的に不足するという問題が起こった。スーパーは九十八円とか百三円といった値付けをしているので、一円玉は釣銭に欠かすことができない。

日本銀行神戸支店へ行って頼んだが、状況は変わらなかった。(東海銀行の)宮田支店長に相談したところ「よし、名古屋から運んでくる」と言う。正直言って「本当かな」と半分疑っていたが、一週間後には大量の一円硬貨が店に届き、それからも二週間おきに届けられた。

聞いてみると伊勢神宮や熱田神宮との取引がある支店に連絡して、おさい銭の一円硬貨を名古屋の本店に集め、神戸まで定期的に運んでくれていたのだ。

名神高速道路はまだ開通しておらず、名古屋と神戸から同時に車を走らせ、滋賀県の大津で受け渡しをしていた。宮田支店長には本当に助けてもらった。

――第2章 小売業の成長を求めて

■ 選択―中内力・自伝|中内力|神戸新聞総合出版センター|200408月|ISBN9784343002839

★★

《キャッチ・コピー》

ダイエーの創業と退社、シンエーフーヅ、ポートピアホテルの創立、コンベンション振興財団の設立…。神戸の経済とその発展に深く関わってきた経緯を軸に、数々の「選択」と「決断」の時を経てきた自らの半生をつづる。

memo

 ちょっと昔の神戸は中内兄弟とともに成長したのだった。

|

« 平山夢明■ 独白するユニバーサル横メルカトル | トップページ | 森 毅■ 元気がなくてもええやんか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中内力■ 選択―中内力・自伝:

« 平山夢明■ 独白するユニバーサル横メルカトル | トップページ | 森 毅■ 元気がなくてもええやんか »