« ■ 迷子の自由|星野博美 | トップページ | ■ 今平犯科帳――今村昌平とは何者|村松友視 »

2007.04.10

■ 天才監督木下惠介|長部日出雄

20070410tensaiosabe

助監督についた吉田喜重は、東大文学部の同期生で中央公論の編集者になった井出孫六に、ゲラの段階で見せてもらった作品を、「面白い不思議な小説がありますよ」と監督に推薦した。

第一回中央公論新人費の受賞作に決まった深沢七郎『楢山節考』である。

一読して、すっかり気に入った恵介は、すぐにプロデューサー小梶正治を通して製作本部長高村潔の許可を取り、映画化の権利を獲得してもらったが、社長城戸四郎が強硬に反対した。

年老いた親を山に棄てるなどとは、あまりにも酷薄無残であり、松竹映画が長年信条としてきた家族愛、人間愛の精神に反するも甚だしい……というのである。

原作を読んで、アイデアを練るにつれ、どのようなスタイルで映画化するかが固まってきて、のちに明らかになる独自の構想に取り憑かれた恵介のほうも、強く希望して譲らない。

会社側との話し合いのなかで、そのまえに一本、興行的にヒットする映画を作れば……という条件つきで、いちおうの結着をみた。〔…〕

恵介が映画化にあたって考えたのは、原作に漂う民話と伝説の雰囲気と、神話的で象徴的な構造を生かすため、得意のロケーションをいっさい行なわず、おりんの家や村の佇まいは無論のこと、田圃も、山も川も、すべて人工のセットで作り上げ、空は書割で描き、照明は人工のライトのみで、全体のスタイルを歌舞伎の様式で統一するという、まことに途方もない、おもい切った構想であった。

――「第10章 時流に抗して」

■ 天才監督木下惠介|長部日出雄|新潮社|2005 10月|ISBN9784103374084

★★★

《キャッチ・コピー》

『二十四の瞳』『カルメン故郷に帰る』『喜びも悲しみも幾歳月』『楢山節考』『笛吹川』…。天才監督の謎多き素顔と全49作品に迫る、著者渾身の傑作評伝。

*

横堀幸司■木下恵介の遺言

長部日出雄■桜桃とキリスト

長部日出雄■辻音楽師の唄

|

« ■ 迷子の自由|星野博美 | トップページ | ■ 今平犯科帳――今村昌平とは何者|村松友視 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 天才監督木下惠介|長部日出雄:

« ■ 迷子の自由|星野博美 | トップページ | ■ 今平犯科帳――今村昌平とは何者|村松友視 »