« ■ 文学全集を立ちあげる|丸谷才一/三浦雅士/鹿島茂 | トップページ | ◆ 365冊の中の10冊(1) »

2007.04.18

■ 有馬賴義と丹羽文雄の周辺――「石の会」と「文学者」|上坂高生

20070418arimauesaka

昭和60年代(1985年代)にはいってから数年かけて「ぎょうせい」という出版社が、『日本文芸鑑賞事典』という全20巻の大部のものを出した。〔…〕

これは、明治以降、昭和50年(1975年)までに限定し、分野は、純文学にかぎらず、大衆小説から児童文学・俳句にまで至る膨大なものである。

組本社の一室で企画一覧表を見せられた私は、最終巻の第20巻に五木寛之さんの『青春の門』、渡辺淳一さんの『花埋み』が取りあげられているのを見た。しかし、第14巻以降の戦後編のどこを捜しても有馬頼義さんの名がない。こんなことがあってなるものか。

「有馬頼義さんは、編集会議で名まえがあがらなかったのですか。あんなに活躍したのに。いい作品があるのに」

「そうだね」〔…〕

「かまいませんよ。何を入れますか」

社長は余裕たっぷりにいう。

「ぼくは『遺書配達人』がいいですね」

この作品は短編小説を集めたようなものであるけれど、その一つ一つに、そうしてこの短編をつなぐ役をはたす遺書配達人に、戦争のもたらす悲惨さを強烈に描き訴え、読者の胸をゆきぶる。戦後十年ちかくなろうとするのに、なお戦友の遺書を持ち、遺族を捜して歩く主人公なのである。

「では、それにしましょう」

――有馬賴義と「石の会」の士たち

■ 有馬賴義と丹羽文雄の周辺――「石の会」と「文学者」|上坂高生|武蔵野書房|19956月|ISBN:……

★★★

memo

 有馬賴義を囲む「石の会」のメンバー。井出孫六・五木寛之・三浦哲郎・色川武大・後藤明生・渡辺淳一・立松和平・早乙女貢・森内俊雄・北原亜以子……。なぜ有馬賴義が忘れ去られたままなのか。

|

« ■ 文学全集を立ちあげる|丸谷才一/三浦雅士/鹿島茂 | トップページ | ◆ 365冊の中の10冊(1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■ 有馬賴義と丹羽文雄の周辺――「石の会」と「文学者」|上坂高生:

« ■ 文学全集を立ちあげる|丸谷才一/三浦雅士/鹿島茂 | トップページ | ◆ 365冊の中の10冊(1) »