« ◆ 365冊の中の10冊(4)――佐藤優/星野博美 | トップページ | 枡野浩一■ 石川くん »

2007.04.22

嵐山光三郎■ よろしく

20070422yoroshikuarashiyama

ぼくが書いていたのは「下り坂の研究」というタイトルで、人生の後半をうまく下っていった人の話だ。

若いころはみんな登り坂をいく。負けまいとして一生懸命登っていくけれど、六十歳を過ぎたころから下り坂となる。

何年か前に友人のS崎重盛と「奥の細道」を自転車で踏破した。そのとき、登り坂よりも下り坂のほうがずっと気持がいいことに気がついた。ぜいぜいと息をはきながら坂を登りつめたあと、下り坂になるとほっとした。躰全体にあたる風が涼しく、カーブを曲るときなんか、「なんて気分がいいんだろう」と思った。

人生の極意は下り坂にある。坂を下るために生きてきたようなものだ。しかし、下り坂を走るのにはそれなりの技術がいり、うっかり油断すると崖から転落する。

■ よろしく|嵐山光三郎|集英社|2006 10月|ISBN9784087748055

★★★★

《キャッチ・コピー》

人は「よろしく」と現れ「よろしく」と去っていく。人の世の喜びも悲しみも、実はこの一言に尽きてしまう。介護、殺人、色模様―現世の諸相を通して、嵐山光三郎流の人生観、死生観を楽しめるスペクタル長編小説ここに登場。

memo

 急激な下り坂の父、86歳。<西日さすそちらも風が吹きますか>

*

嵐山光三郎■ 昭和出版残侠伝

嵐山光三郎■おとこくらべ

嵐山光三郎■日本百名町

嵐山光三郎■文人暴食

|

« ◆ 365冊の中の10冊(4)――佐藤優/星野博美 | トップページ | 枡野浩一■ 石川くん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐山光三郎■ よろしく:

« ◆ 365冊の中の10冊(4)――佐藤優/星野博美 | トップページ | 枡野浩一■ 石川くん »