« 小林信彦■ 昭和が遠くなって-本音を申せば | トップページ | 重松清■ なぎさの媚薬(3)-霧の中のエリカ »

2007.06.23

村松友視■ 淳之介流 - やわらかい約束

20070623uramatujyunnosukeryuu

野坂氏はこの頃旺盛な活躍ぶりを示していた。元気な野坂さんとの対談は、体力的にしんどいという気がしたのか、私の申し出に吉行さんは「うーん」とうなってから、

じゃあその対談のはなし、やわらかい約束にしておこうか

と言った。

やわらかい約束とは何ですかと問うと、固い約束ではないということ、という言葉が返ってきた。ここで、私は「やわらかい約束」という吉行淳之介流に出会ったのだった。

固い約束ではないいとはどういう意味か。つまり、守らなくてよい約束ということではないか。それは、約束しなかったのと同じことでは……私は、「やわらかい約束ですか」と鸚鵡返しに口走ったまま、しばし茫然として、いたずらっぼく私に目を向ける吉行さんを見返していた。

この「やわらかい約束」なるものが、吉行淳之介の本質の芯と関わっていると感じたのは、しばらくたってからのことだった。

■ 淳之介流 - やわらかい約束|村松友視|河出書房新社|200704月|ISBN9784309018140

★★★

《キャッチ・コピー》

今、なぜ吉行淳之介なのか? 性を通して人間の本質を追究し、文壇の第一線を歩み続けた作家・吉行淳之介。ダンディズムの奥底にあるしたたかな色気と知られざる魅力。

*

村松友視■ ヤスケンの海

村松友視■ 永仁の壷

村松友視■ 幸田文のマッチ箱

村松友視■ 今平犯科帳――今村昌平とは何者

村松友視■ 男と女

|

« 小林信彦■ 昭和が遠くなって-本音を申せば | トップページ | 重松清■ なぎさの媚薬(3)-霧の中のエリカ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小林信彦■ 昭和が遠くなって-本音を申せば | トップページ | 重松清■ なぎさの媚薬(3)-霧の中のエリカ »