« 見城徹■ 編集者という病い | トップページ | 鹿島茂■ パリでひとりぼっち »

2007.07.18

大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編)

20070718omoritoyosakibunngakusyo

大森 新興の文学賞でいちばんの話題を集めた賞といえば、賞金2千万円のポプラ社小説大賞。第1回の応募総数がなんと2,746作。合計1.7トンだって(笑)。

豊崎 たいへんだ。

大森 それだけあると処分するのもたいへんで、いろいろ見積もりとった結果、断裁とか焼却じゃなくて、どろどろに溶かして再生パルプに加工する業者に頼んだそうです。ちゃんと“溶解証明書”が発行されるんだって。個人情報保護法のおかげで、最近はこういうビジネスが大流行みたいね。

豊崎 で、第1回は、その2,746作の中から、『削除ボーイズ0326』(方波見大志)が受賞したわけですが。

大森 過去の改変ものなんだけど、削除しかできない、それも326秒だけっていう設定がコロンブスの卵。時間SFのアイデアとしては非常に優秀なんだけど、さすがに2千万円ももらっちゃうとさんざん叩かれる(笑)。

――【ROUND2】メッタ斬り!が指南―07年版・公募新人賞の傾向と対策

■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編)|大森望/豊崎由美|パルコ出版|2007 05月|ISBN9784891947545

★★★

《キャッチ・コピー》

溢れ出る小説愛で益々冴え渡る文学放談。年に一度の文学賞祭り開幕!第2回「メッタ斬り!」大賞発表。最新受賞作全採点「文学賞の値うち」付。

*

大森望/豊崎由美■文学賞メッタ斬り!

大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!リターンズ|

豊崎由美■そんなに読んで、どうするの?――縦横無尽のブックガイド

岡野宏文/豊崎由美■百年の誤読

|

« 見城徹■ 編集者という病い | トップページ | 鹿島茂■ パリでひとりぼっち »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見城徹■ 編集者という病い | トップページ | 鹿島茂■ パリでひとりぼっち »