« 団鬼六■ 生きかた下手――自伝小説集 | トップページ | 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編) »

2007.07.17

見城徹■ 編集者という病い

20070717kenjyohennsyuusya

自分の人生はとりあえず70年、そう勝手に決めています。残すところもう15年もない。その時が一瞬の後のように到来するでしょう。夏休みもあと10数回、ゴールデンウィークも10数回、お正月も花見もそうだ。

だから11回を真剣に生きようと思うけれど、そう思えば思うほど、センチメンタルな感情がこみ上げてきて、涙が出てきてしまう。涙で目がかすむ回数がとみに増しています。〔…〕

この本は現役編集者としての総決算であり、編集者という病いを背負った人間の総決算でもあり、だから僕の人生の総決算なのだと思います。

僕は自分がどう生きるかという形でしか仕事をしてこなかった気がします。

日々ぶち当たる問題や難関との格闘や恋する女性への想いの一つ一つが、自分の作った本の中に反映され刻印されているはずです。僕が生きていることの証明として、七転八倒や歓喜や絶頂や僕の涙が染み込んでいるわけです。

表現者の精神の世界を本という形にし続けたのですから、その本にわずかであっても僕の手形が残っているはずです。

――序章 悲惨の港を目指して

■ 編集者という病い|見城徹|太田出版|200703月|ISBN9784778310509

★★

《キャッチ・コピー》

顰蹙は金を出してでも買え!! 僕はこうやって生きてきた。いや、こうやってしか生きられなかった。

memo

 あま~い自画自賛本。

編者:日本放送協会/KTC中央出版■ 見城徹 編集者 魂の戦士――課外授業ようこそ先輩別冊

|

« 団鬼六■ 生きかた下手――自伝小説集 | トップページ | 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 団鬼六■ 生きかた下手――自伝小説集 | トップページ | 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編) »