« 森見登美彦■ 太陽の塔 | トップページ | 池田晶子■ 14歳の君へ――どう考えどう生きるか »

2007.07.05

森村誠一■ 森村誠一の写真俳句のすすめ

20070705morimurasyasinhaiku

俳句は凝縮の文芸であるだけに、俳句を始めると、ものの見方が深くなる。毎日見馴れている平凡な風景や、出逢いや四季の移ろいなども、俳句を通して眺めるとき、特別の風合を帯びる。俳句と親しむようになってから、世界がより深く、広くなったような気がした。

「俳句前」には見過ごしていたような風景や出逢いに、これは俳句になるという予感を持つようになる。この瞬間はまだどんな俳句に実るかわからない。ただ、予感が走るだけである。

私は散歩の都度持ち歩いているデジタルカメラで、予感が走った光景を撮影するようになった。後で撮影した影像をじっくりと観察している間に俳句が生まれる。時には俳句が閃いてから撮影することもある。〔…〕

凡写が俳句に侍ると、これまた意外に精彩を帯びる。写真と俳句がそれぞれ相補い、一体となって独特の写真俳句世界を表現した。〔…〕

私はデジカメを手に俳句をひねりながら、人生の大きな表現の楽しみを発見したとおもっている。写真俳句は私にとって新しい表現の発見であった。

――「誰にでもできる写真俳句」

■ 森村誠一の写真俳句のすすめ|森村 誠一|スパイス|2005 11月|ISBN9784902835090

★★

《キャッチ・コピー》

まったく新しい創作世界へようこそ! 今すぐデジカメ片手に散歩に出よう。

花、水、街、食、駅、人、動物、山、空、旅、恋……

退屈な毎日から、人生を彩る日常へ。

写真、俳句、エッセイ、解説、知識ゼロからはじめる世界一簡単な写真俳句入門。

memo

写真の腕前はともかく、俳句の出来は……。

朝顔のかなたに蔵の寝ぼけたる   誠一

その角を曲がれば風の香る街    同

道草の足洗いたる夏の駅      同

|

« 森見登美彦■ 太陽の塔 | トップページ | 池田晶子■ 14歳の君へ――どう考えどう生きるか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森見登美彦■ 太陽の塔 | トップページ | 池田晶子■ 14歳の君へ――どう考えどう生きるか »