« 奥野修司■ ナツコ――沖縄密貿易の女王 | トップページ | 白川静■ 回思九十年 »

2007.07.09

山本信太郎■ 東京アンダーナイト――“夜の昭和史”ニューラテンクォーター・ストーリー

20070709yamamototokyoun

それから先は勝さんのワンマンショーであった。

「人間空海を描くために、空海がマスターベーションをして、ふすまに白い精液が飛沫となって飛び散るシーンを撮りたい。それが映画表現だ。人間空海を描くにはそれが一番手っ取り早い。映画にはそういう表現が不可欠なのだ」

勝さんは滔々と話し続けた。お坊さんたちは半信半疑の顔をしながらも、すっかり勝さんのペースに巻き込まれているようだった。

ひとしきり話し終えると、また、カチリとスイッチが切り替わった。弘法大師様から変身した遊び人勝新太郎はマネージャーの眞田さんに命じた。

「おい、眞田。今から和尚様たちとみんなで祇園へ行くぞ。すぐ予約しろ! ハイヤーを呼べ! 和尚様、みんなで行きましょう。空海も俺たちも同じ人間だ、何事も遊ばなきゃわからないんだ

56人の高野山大学の幹部の方々を引き連れた勝さんは、その夜、祇園の料亭で豪遊した。〔…〕

それほど空海に入れ込んでいた勝さんだが、どんでん返しが起こった。〔…〕結局、俳優勝新太郎はスクリーンでは空海を演じることはなかった。

■ 東京アンダーナイト――“夜の昭和史”ニューラテンクォーター・ストーリー|山本信太郎|廣済堂出版|2007 02月|ISBN9784331512067

★★★

《キャッチ・コピー》

児玉機関、GHQ、豪華ショー、芸能人、ヤクザ…“東洋一”と謳われたナイトクラブで何が起こったか?オーナー自らが衝撃の証言で綴るノンフィクション。

|

« 奥野修司■ ナツコ――沖縄密貿易の女王 | トップページ | 白川静■ 回思九十年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥野修司■ ナツコ――沖縄密貿易の女王 | トップページ | 白川静■ 回思九十年 »