« 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編) | トップページ | 乙川優三郎■ むこうだんばら亭 »

2007.07.19

鹿島茂■ パリでひとりぼっち

20070719kashimaparide

「お入り、開いてるよ」

ドアを開けると、壁一面に大きなロートレックのポスターが掲げてありました。肉付きのいい踊り子がこちらに向いて大きく脚を蹴りあげているあのムーラン・ルージュのポスターです。

「おや、あんた、こんなものに興味があるの。これがあたし。手前の男はあたしにダンスを教えてくれた骨なしヴァランタン。あたしも若いときはきれいだったでしょ」

「ロートレックの絵ですね」

「そう、ロートレックさん。チビで変態だったけど、いい人だったわ。ああ、そうそう、あたしね。ロートレックさんのほかにも、絵のモデルになったことがあるの。セーキ・クローダって日本人なんだけど

「えっ、黒田清輝ですか、外光派の。いまじゃ、日本で一番偉い画家ですよ」

「あら、そうなの。それはよかったわ。日本に帰って出世したんだ。カルティエ・ラタンの下宿で一緒に暮らしたことがあったもんだから、いまごろどうしているかと思って」

そういうと、侯爵夫人は昔を懐かしむように目を細めました。たしかに、ムーラン・ルージュのポスターに描かれた金髪の踊り子の面影が目のあたりには残っているような気がします。

■ パリでひとりぼっち|鹿島茂|講談社|2006 10月|ISBN9784062137072

★★★

《キャッチ・コピー》

扉を開けばそこは20世紀初頭のパリ。

往時を彷徨う、極上の愉しみ。

1912712日金曜日。

ぼくは、寄宿舎から身一つでパリの街に放り出された……

かつてない時代体験小説。

memo

たしかに100年前のパリの貧民街を体験できる小説です。

*

鹿島茂■ モモレンジャー@秋葉原

鹿島茂■ 関係者以外立ち読み禁止

鹿島茂■ 平成ジャングル探検

鹿島茂■悪女入門

鹿島茂/丸谷才一/三浦雅士■ 千年紀のベスト100作品を選ぶ

鹿島茂/丸谷才一/三浦雅士■ 文学全集を立ちあげる

|

« 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編) | トップページ | 乙川優三郎■ むこうだんばら亭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り!(2007年版―受賞作はありません編) | トップページ | 乙川優三郎■ むこうだんばら亭 »