« 吾妻博勝■ 新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街 | トップページ | 高野秀行■ 西南シルクロードは密林に消える »

2007.08.05

岡田 茂■ 悔い泣きわが映画人生――東映と、共に歩んだ50年

20070805kuinakiokada_2

私は『人生劇場 飛車角』原作使用の許諾の段階からこの作品に関わり、原作者の尾崎士郎先生とも交渉した。〔…〕

タイトルを「飛車角」をメインタイトルにして「人生劇場」をサブタイトルにすることを先生に許諾していただくために、病床に部下を向かわせたのだが、先生は「人生劇場」以外では譲れないとおっしゃった。〔…〕そこで私が尾崎先生を説得することになった。「先生、失礼ですが人生劇場がメインタイトルだとお客が入りません」〔…〕

布団の上に起きあがり、腕組みをして目を閉じて2分間ほど沈黙したのだった。その先生が、パッと目を見開いて「君の言うとおりにしてよかろう。ただし条件がある」と言ってくださったのである。

条件とは、尾崎先生の若かりし頃がモデルの青成瓢吉だけは映画にも登場させてくれ、というものだった。おやすいご用だ、とばかりに私は即断即決で先生の条件を了承したのである。

話がついて、尾崎先生は約束の杯を交わそうとお酒を用意された。私は癌で病床に伏せる先生の体を心配したのだが、先生は止めるのも開かずにコップの酒を奥さんにお湯で少し薄めさせてグーツと喉に流し込んだ。

■ 悔いなきわが映画人生――東映と、共に歩んだ50年|岡田 茂|財界研究所|2001 06月|ISBN9784879320162

★★

《キャッチ・コピー》

東映会長が映画業界での歩みと東映の50年の歴史を振り返り、特に強く記憶に残っている出来事とさまざまな出会いを語る戦後日本映画の裏面史。東映50年の劇場公開映画一覧と東映の年表を収録。

|

« 吾妻博勝■ 新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街 | トップページ | 高野秀行■ 西南シルクロードは密林に消える »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吾妻博勝■ 新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街 | トップページ | 高野秀行■ 西南シルクロードは密林に消える »