« 五木寛之■ 新・風に吹かれて | トップページ | 出久根達郎■ 作家の値段 »

2007.09.11

田中森一■ 反転――闇社会の守護神と呼ばれて

20070911tanakahanten

この平和相銀事件を体験し、私は東京地検特捜部の恐ろしさを知った。事件がどのようにしてつくられるか。いかに検察の思いどおりになるものか、と。捜査に主観はつきものだが、それが最も顕著に表れるのが、東京地検特捜部である。

特捜部では、まず捜査に着手する前に、主要な被疑者や関係者を任意で何回か調べ、部長、副部長、主任が事件の筋書きをつくる。そして、その筋書きを本省である法務省に送る。〔…〕

特捜部と法務省のあいだでこのやりとりを経て、初めてその筋書きに基づいて捜査をはじめる。むろんいくら事前に調べても、事件の真相は実際に捜査してみなければわからない。実際に捜査をはじめてみると、思いもしない事実が出てくるものだ。だが、特捜部では、それを許さない。〔…〕

平和相銀事件がまさにそれだった。岸組の恐喝という予期せぬ事実が発覚しても、それを無視し、筋書きどおりの平和相銀幹部の特別背任で押しとおした。

こうして筋書きどおりに事件を組み立てていくためには、かなりの無理も生じる。調書ひとつとるにも、個々の検事が自由に事情聴取できない。筋書きと大幅に異なったり、筋書きを否定するような供述は調書に取れない。調書には、作成段階で副部長や主任の手が入り、実際の供述とは違ったものになることも多い。だから、上司の意図に沿わない調書をつくっても、必ずボツにされる。

*

*

■ 反転――闇社会の守護神と呼ばれて|田中森一|幻冬舎|2007 06月|ISBN9784344013438

★★★★

《キャッチ・コピー》

伝説の特捜エース検事はなぜ、「裏」世界の弁護人に転向したのか。法の世界に携わってから38年。検事として、弁護士として見続けてきた日本のひずみや矛盾を綴る。アウトローにしか生きられなかった男の自叙伝。

*

佐藤優■ 獄中記

|

« 五木寛之■ 新・風に吹かれて | トップページ | 出久根達郎■ 作家の値段 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五木寛之■ 新・風に吹かれて | トップページ | 出久根達郎■ 作家の値段 »