« 大村彦次郎■ 万太郎 松太郎 正太郎――東京生まれの文人たち | トップページ | 五木寛之■ 新・風に吹かれて »

2007.09.09

山口治子/中島 茂信■ 瞳さんと

20070909yamaguchihitomisan

一度しかお目にかからず、追悼文も書かなかった方の中にとても因縁深かった人がいます。山本周五郎さんです。〔…〕

「他の作家は、すべて自分のライバルであり、敵です。もし、山本さんの所に出入りするようになったら、必ずダメになる。殺されてしまいます

山本さんに可愛がっていただくことを嬉しいと思うか、拒否するか。瞳さんにとって、厳しい選択だったと思います。会いに行けば、いろいろなチャンスが与えられたかもしれません。その反面、もし山本さんにてにをはから指導されるようなことになれば、自分がなくなると考えたようです。〔…〕

小説家を師に持たないときめていた瞳さんは、間門園に行きませんでした。勝負師の勘で、山本さんに会わないことにしたのだと私は思います。

しかし、その後もずっと山本さんに心酔していました。自分に似て、偏屈でへそ曲がりだった山本さんを心から敬服していたようです。〔…〕

山本さんは昭和42214日に亡くなりましたが、瞳さんは葬儀に参列しなかったように記憶しています。それからひと月後、初めて山本さんのご自宅に伺いました。その折、山本さんの奥様に、山本さんが愛用していた将棋盤と駒を形見にいただいています。

*

*

■ 瞳さんと|山口治子/中島 茂信|小学館|200706月|ISBN9784093876124

★★★

《キャッチ・コピー》

「きみは世界でいちばん素敵な夫を持った妻なんだよ」

作家・山口瞳夫人が初めて明かした「本当の瞳さん」。19歳と18歳での出会い、新婚生活、家族の軋轢、作家の妻としての内助から夫婦の葛藤、そして別れ―。作家・山口瞳との49年間を語る。

*

小玉武■ 『洋酒天国』とその時代

山口瞳■ わが師わが

山口瞳■ わたしの読書作法

山口瞳■ 衣食足りて

|

« 大村彦次郎■ 万太郎 松太郎 正太郎――東京生まれの文人たち | トップページ | 五木寛之■ 新・風に吹かれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大村彦次郎■ 万太郎 松太郎 正太郎――東京生まれの文人たち | トップページ | 五木寛之■ 新・風に吹かれて »