« 小澤實■ 俳句のはじまる場所――実力俳人への道 | トップページ | 早川和男■ 権力に迎合する学者たち――「反骨的学問」のススメ »

2007.10.02

内田樹■ 街場の現代思想

20071002uchidamatiba

ひどい話だ。

「努力したら負け」というのが、このゲームのルールなんだから。

「努力しないで、はじめから勝っている人が『総取り』する」というのが文化資本主義社会の原理である。

ひどい話だと私も思う。

しかし、日本は確実にそうなりつつある。

でも、文化資本主義社会にもひとつだけ救いがある。

それは、この社会における「社会的弱者」は自分が「社会的弱者」であるのは主に「金がない」せいであって、「教養がない」せいでそうなっているということには気がつかないでいられるからである(教養がないから)。

――第1章 文化資本主義の時代

*

*

■ 街場の現代思想|内田樹NTT出版|2004 07月|ISBN9784757140752

★★★★

《キャッチ・コピー》

生まれついての「バカ組・利口組」という身も蓋もない「階級社会」が出現しつつある!「おじさん内田」がそんな社会の仕組みを解説。身のまわりの根源的な問いが、初めて腑に落ちて納得できる本

memo

――「均質的すぎる」社会は「階層的すぎる」社会と同じように、どこかに制度疲労がたまる。私たちの社会がいまゆっくりフランス的な階層社会に向きつつあるのは、おそらくある種の歴史的な「補正」の作用が働いているせいだろう。

 と著者はいう。

 それにしても「一億総中流」社会に生きてきたわれわれに予想しえない過酷な社会が近づいてくる。

2030代、必読。おなじみ内田先生の目からウロコ本。

内田樹/養老孟司■ 逆立ち日本論

内田樹■ 9条どうでしょう

内田樹■ 下流志向――学ばない子どもたち 働かない若者たち

内田樹■ 街場の中国論

内田樹■「おじさん」的思考

内田樹■子どもは判ってくれない

|

« 小澤實■ 俳句のはじまる場所――実力俳人への道 | トップページ | 早川和男■ 権力に迎合する学者たち――「反骨的学問」のススメ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内田樹■ 街場の現代思想:

« 小澤實■ 俳句のはじまる場所――実力俳人への道 | トップページ | 早川和男■ 権力に迎合する学者たち――「反骨的学問」のススメ »