« 福岡伸一■ 生物と無生物のあいだ | トップページ | 上田文世■ 笑わせて笑わせて桂枝雀 »

2007.10.06

山口瞳■ 忘れえぬ人

20071006yamaguchiwasureenu

もう一枚の写真は、私が直木賞を受賞して、川端康成先生の所へ御挨拶に行ったときの写真である。実情を言えば、父が川端先生から借りていた金を直木賞の賞金でもって返しにあがったときのものである。〔…〕

このとき、『伊豆の踊子』の何回目かの映画化で、主役の吉永小百合さんが挨拶に来られた。多分、吉永さんは18歳だったろう。早稲田大学に進学するかどうかで悩んでいた時期でもあった。写真ではわからないが面皰(にきび)だらけの美少女だった。

私にとって、記念すべき特別な一日だった。川端先生は酒を飲まない。だからというわけではないが、写真の右側にある上等のブランデーを私一人で飲みほしてしまった。

少し後のことになるが、川端先生は吉永さんのレコードを一人でじっと聞いていることがあった。「こんな女学生みたいな歌のどこがいいんですか」と訊いたら、先生が即座に「そこがいいんじゃないですか」と答えたことを強い印象でもって記憶している。

――川端家での一日

*

*

■ 忘れえぬ人|山口瞳|河出書房新社|2006 05月|ISBN9784309017594

★★

《キャッチ・コピー》

山口瞳ワールドに登場する、さまざまな人びとの想い出を一冊に。単行本未収録エッセイ集。

memo

 単行本未収録シリーズ。未収録であるからには、それなりの理由があって……。

山口治子/中島 茂信■ 瞳さんと

山口瞳■ わが師わが友

山口瞳■ わたしの読書作法

山口瞳■ 衣食足りて

|

« 福岡伸一■ 生物と無生物のあいだ | トップページ | 上田文世■ 笑わせて笑わせて桂枝雀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口瞳■ 忘れえぬ人:

« 福岡伸一■ 生物と無生物のあいだ | トップページ | 上田文世■ 笑わせて笑わせて桂枝雀 »