« 現代風俗研究会■ 応援・サポート・人助けの風俗 | トップページ | 今野敏■ 果断――隠蔽捜査2 »

2007.10.23

藤原正彦■ 日本人の矜持――九人との対話

20071023fujiwaranihonjin

藤原 いまの子供たちはほんとうにボキャブラリーが貧困で、百か二百の言葉で日本語を

話していますが、これは由々しき事態です。

たとえば「好き」「嫌い」の二つしか知らない人間はほんとうの恋愛ができず、獣のようにしか愛し合えない。「密かに慕う」「恋い焦がれる」「一目惚れ」「横恋慕」などさまざまな言葉を知ってこそ、恋愛のひだも深くなる。

語彙というのは思考とほとんど同じです。

ボキャブラリーが貧困な人は論理的な思考もできず、自分の考えを説明することすらままなりません。論理的思考を養うには数学ではダメで、自らの主張を書いたり話したりするのがいちばんです。

――佐藤愛子・藤原正彦「心があるから態度に出る 誇りが育む祖国愛」

*

*

■ 日本人の矜持――九人との対話|藤原正彦|新潮社|2007 07月|ISBN9784103274063

★★★

《キャッチ・コピー》

日本が誇りと自信を取り戻すために―。胸に響く対話篇。

齋藤孝/中西輝政/曽野綾子/山田太一/佐藤優/五木寛之/ビートたけし/佐藤愛子/阿川弘之

memo

上述の対談で、藤原氏「文明は確実に進んで生活は進歩しているけれど、文化や人間性は後退期に入っている」とも。

藤原正彦■この国のけじめ

藤原正彦■国家の品格

|

« 現代風俗研究会■ 応援・サポート・人助けの風俗 | トップページ | 今野敏■ 果断――隠蔽捜査2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤原正彦■ 日本人の矜持――九人との対話:

« 現代風俗研究会■ 応援・サポート・人助けの風俗 | トップページ | 今野敏■ 果断――隠蔽捜査2 »