« いしかわじゅん■ いしかわ世界紀行 | トップページ | 中野翠■ この世には二種類の人間がいる »

2007.11.23

鹿島茂■ 鹿島茂の書評大全(和物篇)

20071123kashimasyohyo

「最近、文芸時評やってるそうですけど、純文学雑誌と小説雑誌とは具体的にどういうところがちがうんですか?」

「いや、それは思っているよりも簡単なことで、純文学雑誌、とくに若い男性作家の書く小説ってのは、段落もなければ句読点もなく、会話も地の文もダラダラと続くというところに特徴があります。この条件さえクリアできれば純文学雑誌に載ります」〔…〕

「なるほど、芥川賞作家モブ・ノリオ『ダウナー大学』(文学界)、舞城王太郎『みんな元気。』(新潮)、浅尾大輔『胸いっぱいの、』(同)。若手の男性作家はみんなこのスタイルですね」〔…〕

「じゃあ、こういうもんにも良し悪しはあるんですか」〔…〕

「声に出して5行読んでみればいいんです。そうすると同じダラダラ文でも才能のあるなしがわかります」

「ほほう、でお薦めは?」

――「とある1年、小説世界にどっぷり漬かってみた」

*

*

■ 鹿島茂の書評大全(和物篇)|鹿島茂|毎日新聞社|2007 08月|ISBN9784620318271

★★★

《キャッチ・コピー》

100の書評で日本の知をしなやかに描く愛書狂による最強のブックガイド。

鹿島茂■ 悪女の人生相談

鹿島茂■悪女入門

鹿島茂■ パリでひとりぼっち

鹿島茂■ モモレンジャー@秋葉原

鹿島茂■ 関係者以外立ち読み禁止

鹿島茂■ 平成ジャングル探検

鹿島茂/丸谷才一/三浦雅士 ■ 千年紀のベスト100作品を選ぶ

鹿島茂/丸谷才一/三浦雅士■ 文学全集を立ちあげる

|

« いしかわじゅん■ いしかわ世界紀行 | トップページ | 中野翠■ この世には二種類の人間がいる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島茂■ 鹿島茂の書評大全(和物篇):

« いしかわじゅん■ いしかわ世界紀行 | トップページ | 中野翠■ この世には二種類の人間がいる »