« 小川洋子■ 博士の本棚 | トップページ | 村上龍■ すぐそこにある希望――Men are expendable vol.9 »

2007.12.20

池内了:編■ 寅彦と冬彦――私のなかの寺田寅彦

20071220torahiko

私の興味を惹いた、もうひとつの寅彦の論文は尺八に関するものである。寅彦は1908年に尺八の音響学的研究で学位を得ている。〔…〕

尺八はよく知られているように竹で出来た、開孔がわずか5つしかない、一見、極めて簡単な楽器である。しかし、その簡単さにもかかわらず、極めて多彩な音をだすことができるらしい。〔…〕

寅彦によると、吹き手が尺八の吹き口と唇の角度を変えると、実質的な管の長さが変化し(境界条件の変化)、それによって音の高低が微妙に変わるらしい。また、開孔の押さえ方や竹の節による尺八の太さの変化が、音色に与える影響も詳しく調べられている。〔…〕

それでは、寅彦は何故このような一見変わった問題に取り組んだか、またこの研究がなんの役に立つかというと、これは必ずしも明らかではない。〔…〕

一見、なんの役に立つかわからないように見えるが、そのこと自体はあまり重要ではなく、複雑な現象の根本となる原理を解明するところに醍醐味がある。

――金森博雄「地球物理学者としての寺田寅彦」

*

*

■ 寅彦と冬彦――私のなかの寺田寅彦│池内了:|岩波書店|2006 06月|ISBN9784000241366

★★★

《キャッチ・コピー》

日常風景を科学的視点で切り取り、至宝のエッセイに昇華させた文理融合の先達、寺田寅彦。その活躍の場は時空を超えている。作家や科学者12人が、現代の読み方と独自の寅彦像を描く。

memo

寺田寅彦。物理学者、随筆家、俳人であり、吉村冬彦の筆名も。『吾輩は猫である』の水島寒月や『三四郎』の野々宮宗八のモデルとも言われる。

|

« 小川洋子■ 博士の本棚 | トップページ | 村上龍■ すぐそこにある希望――Men are expendable vol.9 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池内了:編■ 寅彦と冬彦――私のなかの寺田寅彦:

« 小川洋子■ 博士の本棚 | トップページ | 村上龍■ すぐそこにある希望――Men are expendable vol.9 »