« 宗田安正■ 昭和の名句集を読む | トップページ | 日本経済新聞社:編■ 日記をのぞく »

2008.01.09

坪内稔典■ 上島鬼貫

20080109tuboutionitura

もっとも、詩歌というものは基本的に言葉遊びである。その意味では、言葉遊びを読者に意識させない言葉遊びが、今、鬼貫の句に現れた、と言ってもよい。繰り返すが、この時、彼は宗邇(むねちか)として仕官の望みをともかく果たしていた。そして、年齢も三十であり、もはや若者ではなかった。〔…〕

春の水所々に見ゆるかな

あけぼのや麦の葉末の春の霜

水入れて鉢にうけたる椿かな

さくら咲くころ烏足二本馬四本

桃の木へ雀吐き出す鬼瓦 〔…〕

私はことに「さくら咲くころ鳥足二本馬四本」という句に注目する。

これはまさに目前の現実を詠んでいる。桜の咲くころは人々の心がもっぱら花に向かい、そわそわして現実を遊離しがちになる。それが今でも花時の気分というものだろう。

ところが、そんな時だから逆に、「鳥足二本馬四本」という現実に目をむける鬼貫。ここに俳人・鬼貫の真骨頂があるのではないだろうか。

そして、この現実に注ぐまなざしは、武士にあこがれながらも、結局は武士でなく俳人を選ぶ、という選択を晩年の鬼貫にさせる。

――『大悟物狂』

*

*

■ 上島鬼貫|坪内稔典|神戸新聞総合出版センター|2001 05月|ISBN9784343001184

★★

《キャッチ・コピー》

元禄文化華やかな時代を舞台に、常に自らの殻を破って前向きに生きた「おにつら」という人間の魅力を、俳句を仲立ちとした交遊を通して描く。

|

« 宗田安正■ 昭和の名句集を読む | トップページ | 日本経済新聞社:編■ 日記をのぞく »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坪内稔典■ 上島鬼貫:

« 宗田安正■ 昭和の名句集を読む | トップページ | 日本経済新聞社:編■ 日記をのぞく »