« 森田実■ 自民党の終焉――民主党が政権をとる日 | トップページ | 児玉清■ 負けるのは美しく »

2008.01.24

森下香枝■ 真犯人――グリコ・森永事件「最終報告」

20080124morishitasinhannin

事件発生当時、大阪府警捜査一課管理官でその後、捜査一課長などを歴任し、捜査指揮を続けた鈴木建治氏は「ミスター・グリコ・森永」と称された人物である。〔…〕

わたしの話に耳を傾けてくれた後、鈴木氏は事件をこう振り返った。

「こいつとちゃうか、という人物はいない。いたら、捕まえてるわ。何人か知らんけどね、かい人21面相の能力をまとめていくと多様な犯人像が浮かぶわけ。

長期間、仲間割れもせず、消えたまま、足がでない。身内とか、極左とか、暴力団とか非常に一体感が強いグループやないんか、となる訳や。

そうなってくるとどのグループも可能性があって、それらしい相関図がなんばでもでき上がってしまう。犯人像は担当した捜査員によって十人十色やろう。でも結局、捜査はそこまでやった。

普通はな、捜査したら、犯人グループは一つに絞られていくもんやけど、グリコ・森永事件の場合、拡散するばかりやったな……

 ――第3章 そして、誰もいなくなった大捜査線

*

*

■ 真犯人――グリコ・森永事件「最終報告」|森下香枝|朝日新聞社|2007 09月|ISBN9784023302624

★★★

《キャッチ・コピー》

著者のもとに届いた一通の手紙。史上最大の銀行強盗からグリコ・森永事件につながる謎が解き明かされていく…昭和史最大の謎に迫る驚愕のノンフィクション。

|

« 森田実■ 自民党の終焉――民主党が政権をとる日 | トップページ | 児玉清■ 負けるのは美しく »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森下香枝■ 真犯人――グリコ・森永事件「最終報告」:

« 森田実■ 自民党の終焉――民主党が政権をとる日 | トップページ | 児玉清■ 負けるのは美しく »