« 池内紀■ 二列目の人生 隠れた異才たち | トップページ | 井上章一■ 狂気と王権 »

2008.02.24

佐藤優■ 佐藤優国家を斬る

20080224sathokiru

私はマスコミ無罪論なんです。全く責任がない、こういうふうに考えております。

なぜならマスコミは媒体だからです。しかも商業媒体なんです。ということは、常に増殖する資本として動くということで、儲かりやいいというのが資本主義社会の論理であり倫理なんですね。

ですからそれに忠実に従っているだけなんですね。ですから値段があってそれが売れれば何でも出すことだと思うんです。〔…〕

重要なのは、我々はマスメディアが悪いというような議論のところで、実は本当の悪党を許しているわけなんです。マスメディアに情報を提供している奴です。

マスメディアに情報を提供する奴というのは公権力なんですよ。その公権力が匿名でリーク情報を出すわけです。

だから、ああそうか、松岡利勝さん、誰に殺されたかということになれば、マスコミに殺されたという意見に対しては、僕は、それは真犯人を隠しているだけだと思う。マスコミにリークした官僚に殺されたんです。こういうふうに言っているわけです

――現代日本の官僚階級

.

.

■ 佐藤優国家を斬る│佐藤優|同時代社|2007 10月|ISBN9784886836151

★★

《キャッチ・コピー》

「国家主義者」佐藤優が「国家」と闘う論理を明らかにし、「官僚階級」による収奪の構造を衝く。「左翼」との、少し分け入った対話も収録。宮崎学、コーディネーション。

佐藤優/魚住昭 ■ ナショナリズムという迷宮――ラスプーチンかく語りき

佐藤優/手嶋龍一■ インテリジェンス 武器なき戦争

佐藤優/鈴木宗男■ 北方領土「特命交渉」

佐藤優/鈴木宗男■ 反省――私たちはなぜ失敗したのか?

|

« 池内紀■ 二列目の人生 隠れた異才たち | トップページ | 井上章一■ 狂気と王権 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池内紀■ 二列目の人生 隠れた異才たち | トップページ | 井上章一■ 狂気と王権 »