« 池澤夏樹■ 叡智の断片 | トップページ | 芝田真督■ 神戸ぶらり下町グルメ »

2008.02.05

並木伸一郎■ 昭和の都市伝説

20080205namikisyowano_2

わが国の航空機事故史上に残る大惨事といえば、昭和60年(1985年)812日に起きた日航機123便の御巣鷹山墜落事故である。

羽田発大阪行きの日航機123便ボーイング社製のジャンボ機が、出発後まもなく操縦不能となり、消息を絶った。やがて、その行方が判明。なんと、群馬県上野村の御巣鷹山に墜落していたのだ。〔…〕

実はこの事故には、奇妙な因縁がつきまとっている。日本航空は、乗客の退屈を紛らわしてもらうため、『ウイング』という機内誌を発行していた。その8月発刊の9月号に、なんと上野村の村長さんがインタビューページに登場していたのである。もちろん、取材は6月になされていた。取材の趣旨は、群馬県のユニークな活動を紹介するというものだった。

この村長さんについては、さらにこんな話がある。

村長さんの名は、黒沢さんというのだが、昭和60年(1985年)の年初めに、黒沢さんは、ある占い師からこんなことをいわれていたというのである。

「今年あなたには、世界中から注目されるような出来事が起こる」

黒沢さんは、こんな山の中の小さな村の村長が世界から注目をされるなんて、絶対にありえないと考え、笑い話として奥さんに話したのである。そんな予言話など、すっかり忘れてしまったころに、123便の惨事が起こったのだった。

――「御巣鷹山墜落事故と坂本九の「9」の不思議」

*

*

■ 昭和の都市伝説|並木伸一郎|経済界|2007 11月|ISBN9784766784077

★★

《キャッチ・コピー》

メンコに2B、駄菓子に貸本マンガ。巨人、大鵬、ゴジラに月光仮面。ボクらは貧しかったが、心だけは豊かだった…。あの頃に語られた奇妙なウワサや変なジンクスを、ここに大検証!懐かしの「昭和」にまつわる“怪情報”オンパレード。

memo

 タイトル倒れ。

|

« 池澤夏樹■ 叡智の断片 | トップページ | 芝田真督■ 神戸ぶらり下町グルメ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 並木伸一郎■ 昭和の都市伝説:

« 池澤夏樹■ 叡智の断片 | トップページ | 芝田真督■ 神戸ぶらり下町グルメ »