« 佐藤優■ 国家の謀略 | トップページ | 吉川スミス■ ジャパニーズジョーク辞典 »

2008.02.12

■ 大人が絵本に涙する時│柳田邦男

20080212yanagida_2

『おかあさんになるってどんなこと』(内田麟太郎文、中村悦子絵、PHP研究所)

幼いうさぎの女の子ミミちゃんと男の子ターくんが、お母さんごっこをして遊ぶ。

ターくんが「おかあさんになるって、どんなこと」と聞くと、ミミちゃんは「こどものなまえをよぶことよ」「こどもとてをつないであるくことよ」「しんばいすること」と、次々に言い、ふたりはその真似事をする。

最後にターくんが「それから」と聞くと、ミミちゃんが「ぎゅっとだきしめて おもわずなみだがでることよ」と言う。

その時、ふたりのお母さんが呼びに来たので、それぞれにお母さんのところへ駆けていくと、ふたりともお母さんにだっこされたのだ。最後の言葉〈ぎゅっとね〉は、大きな目立つ活字で示される。〔…〕

育児放棄やアタッチメント欠落は、幼い子どもにとっては精神的虐待になるのを、親は気づかない。授乳時に赤ちゃんを見ないでテレビを見ている母親が70パーセント以上もいるということが、虐待の裾野の広さを示している。

『おかあさんになるってどんなこと』の最後を、大きな活字で「ぎゅっとね」という言葉で結んでいるのは、重要なメッセージなのだ。

――「大人が絵本に涙する時」

.

.

■ 大人が絵本に涙する時│柳田邦男|平凡社|2006 11月|ISBN9784582833430

★★★

《キャッチ・コピー》

「大人こそ絵本を読もう」と呼びかけを始めて7年。絵本は、ユーモア、悲しみ、思いやりなど、生きるうえで大事なものに深く気づかせてくれる。

豊かな子供の人間形成と潤いのある大人の心の回復のために。柳田邦男が薦める80冊の絵本。

柳田邦男■ 人の痛みを感じる国家

|

« 佐藤優■ 国家の謀略 | トップページ | 吉川スミス■ ジャパニーズジョーク辞典 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐藤優■ 国家の謀略 | トップページ | 吉川スミス■ ジャパニーズジョーク辞典 »