« 佐藤優■ 佐藤優国家を斬る | トップページ | 今村荘三■ お笑い通 »

2008.02.25

井上章一■ 狂気と王権

20080225inouekyoki

1994(平成6)年のことである。私はこの本でまとめたことを、『宝島』という雑誌で連載しはじめた。これが、当時の京都府警に、見とがめられたのである。

この年には、天皇と皇后が、私のつとめ先である国際日本文化研究センターをおとずれている。そして、警衛警備をまかされた府警は、同センターの下しらべもおこなった。〔…〕

当時の所長であった梅原猛氏のところへ、それで問いあわせがあったという。井上は、「赤じゃあないのか」、と。〔…〕

そして、梅原所長は、府警の担当者にこうこたえていたという。

「井上君が赤? いや、そんなことはないでしょう。彼はむしろピンクじゃあないかな」〔…〕

井上君に、「赤」などといえるような思想はないよ。あいつは、ただの助平だ。梅原所長は、そんな想いをこめて、私のことを「ピンク」だとつげていた。〔…〕

警察は、ピンクという返事で納得していたよ。でも、誤解はされたかもしれないね。女好きという意味でそう言ったんだけど、淡い「赤」というふうにうけとめられたかな。梅原所長は、そうも言いながら、にこにこしていた。

――学術文庫版へのあとがき

.

.

■ 狂気と王権│井上章一|講談社|2008 02月│文庫|ISBN9784061598607

★★★

《キャッチ・コピー》

元女官長の不敬事件、虎ノ門事件、田中正造直訴事件、あるいは明治憲法制定史、昭和天皇「独白録」の弁明など、近代天皇制をめぐる事件に「精神鑑定のポリティクス」という補助線を引くと、いったい何が見えてくるか。

「反・皇室分子=狂人」というレッテル貼り。そして、「狂気の捏造」が君主に向けられる恐れはなかったのか? 独自の視点で読み解くスリリングな近代日本史。

井上章一■性の用語集

井上章一/石毛直道ほか■ 勝手に関西世界遺産

|

« 佐藤優■ 佐藤優国家を斬る | トップページ | 今村荘三■ お笑い通 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐藤優■ 佐藤優国家を斬る | トップページ | 今村荘三■ お笑い通 »