« 戸井十月■ 植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」 | トップページ | 浅草キッド■ お笑い男の星座 2(私情最強編) »

2008.04.04

浅草キッド■ お笑い男の星座(芸能私闘編)

20080404osakusaowarai1

90年。そこに決定的な「オールナイト・ニッポン乱入事件」が起こる。

当時、ビートたけし伝説を代表するラジオ番組であり、熱烈なたけしファンの聖地とも言えるこの番組に爆笑問題が、欠席した殿に代わり、急遽パーソナリティーとして代打起用されたのである。

はた目には異例の大抜擢と称賛する向きもあろう。

しかし俺たちは、長年仕えるたけし軍団という旗本がいるにも関わらず、殿の留守に外様の爆笑問題を起用したニッポン放送の当時のスタッフの配慮のなさに「なぜだ!ビートたけしの弟子である軍団兄さんたちがいるじゃねぇか! うちの兄さんたちの扱いはそんなもんなのか!」と不満タラタラのなか自宅でラジオを聴いていた。

番組冒頭、太田が「今、この放送を聞いて浅クソ・キッドは悔しがるでしょうね。でも文句があるならスタジオに来てみろ!」と挑発!

果たせるかな、この台詞を聞いた博士はバイクに飛び乗り、放送中に有楽町のニッポン放送に殴り込み、番組本番中に太田と激しいののしり合いを演じた。

その模様を一部始終、聴きながら軍団の「鉄砲玉」を任じる玉袋、当時交通事故で入院中のため病院の一室で身動きがとれず、涙で濡らした枕を噛み、いや噛み破り・現場にて一矢報いる事の出来な.い自分を呪ったという……。

―― 第6章 爆笑問題問題

*

*

■ お笑い男の星座(芸能私闘編)│浅草キッド|文藝春秋|2003 03月|文庫|ISBN9784167656508

★★

《キャッチ・コピー》

格闘技界&芸能界を股にかけて展開する壮絶なファイトの数々。「一体だれが強いのか?」の疑問に答える、人気お笑いコンビによる抱腹絶倒活字漫才。

水道橋博士■ 本業

|

« 戸井十月■ 植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」 | トップページ | 浅草キッド■ お笑い男の星座 2(私情最強編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戸井十月■ 植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」 | トップページ | 浅草キッド■ お笑い男の星座 2(私情最強編) »