« 鴻巣友季子■ やみくも――翻訳家、穴に落ちる | トップページ | 金井美恵子■ 目白雑録(ひびのあれこれ)2 »

2008.05.26

本田透■ なぜケータイ小説は売れるのか

20080526nazekehonda

売春(援助交際)、レイプ、妊娠、薬物(シンナー)、不治の病、自殺……半径数メートルの世界だけで起こる、小さなイベント。その中から強烈なインパクトのあるイベントを探し出すとすれば、せいぜいこれくらいしかパターンが見つからないのだ。〔…〕

そこにたまたまケータイというデバイスが登場し、誰もが「私の物語」を語れるインフラが人類史上初めて整備された。〔…〕

こうして、ケータイ小説のビッグバンが起こった。

自意識が発達した住人が多いPCの世界では「知性」や「論理性」が重んじられたが、そこまで自意識を発達させていないユーザーが多いケータイの世界では知性による突っ込みよりも「感情」「感覚」が重視された。

ゆえに、「物語」をストレートに語る行為が一般化した。一方、PCの世界ではブログによって「理論」を述べたり、「突っ込み」を入れる行為のほうが一般化したため、PC小説のビッグバンは起こらなかった。

文学者も思想家も「物語」を作らない。だから彼女たちは、自分自身で「物語」を作ることにした。そこにケータイが現れた。

――第5章 なぜケータイ小説は売れるのか

*

*

■ なぜケータイ小説は売れるのか|本田透|ソフトバンククリエイティブ|2008 02月|

新書|ISBN9784797344028

★★★

《キャッチ・コピー》

話題のケータイ小説の仕組みを読み解く!

続々とヒット作が生み出されるケータイ小説の内容や仕組みを鮮やかに読み解く。

誰もがケータイを持つ時代に咲いた徒花か、それとも新しい文化の始まりなのか、ケータイ小説を読まない人でも、これ1冊で分かる画期的な内容。

|

« 鴻巣友季子■ やみくも――翻訳家、穴に落ちる | トップページ | 金井美恵子■ 目白雑録(ひびのあれこれ)2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鴻巣友季子■ やみくも――翻訳家、穴に落ちる | トップページ | 金井美恵子■ 目白雑録(ひびのあれこれ)2 »