« 梅田望夫■ ウェブ進化論――本当の大変化はこれから始まる | トップページ | 本田透■ なぜケータイ小説は売れるのか »

2008.05.25

鴻巣友季子■ やみくも――翻訳家、穴に落ちる

20080525yamikumokounosu

いまは、ナンバーワンになろうとはもちろん言わない。大事なのは「ピュアなモチベーション」だ。〔…〕

一部の幼稚園や小学校の運動会では、優劣をつけることを避け、かけっこでも手をつないでゴールインさせる、というのが問題になったりもした。

ナンバーワンからオンリーワンの時代へ、と揶揄されもした。難儀な時代だ、と思う。

小学校のころ運動会といえば、わたしにはかけっこが唯一の救いだった。喘息もちで長く運動していると発作がおきるので、短時間で勝負のつく50メートル走が勝負どころだった。〔…〕

一番があって二番があって挫折があって立ち直りがあった。単純だった。

おとなたちも一等をめざせと言う一方で、負けた子のもり立て方が上手かったんだと思う。一等をめざして(いるふりをして)いれば、とやかく言われないんだから、思えば楽だった。いまはまず、自分探しをしなくてはいけない。〔…〕

……いまの子どもたちは自分を見つけないかぎり、スタートラインにも立てない。走りもせず、負けもせず、挫折もできないとは、なんと残酷な人生なのだろう。

――ぼくを探しに

*

*

■ やみくも――翻訳家、穴に落ちる│鴻巣友季子|筑摩書房|2007 12月|ISBN/JAN9784480816597

★★★

《キャッチ・コピー》

翻訳とは、単に言葉を置き換えるのではなく、「やみくも」に回り道した末に、目指していたのとは違う目的地を見つけながら文化を伝えること。そう信じてやってきた著者が贈る、「やみくも文化宣言」。

memo

 画・さげさかのりこ、装幀・野澤享子が抜群。

鴻巣友季子■ 翻訳のココロ

|

« 梅田望夫■ ウェブ進化論――本当の大変化はこれから始まる | トップページ | 本田透■ なぜケータイ小説は売れるのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅田望夫■ ウェブ進化論――本当の大変化はこれから始まる | トップページ | 本田透■ なぜケータイ小説は売れるのか »