« 野村進■ 調べる技術・書く技術 | トップページ | 松浦寿輝■ 散歩のあいまにこんなことを考えていた »

2008.06.25

桜庭一樹■ 桜庭一樹読書日記――少年になり、本を買うのだ。

20080625sakurabadokusyo

〈別冊文藝春秋〉の連載「私の男」の第4回を書く、心の準備をし始める。緊張している。ここまでの原稿を読み返して、ノートを開いて、考え、感じて、メモを取りながらひたすら音楽を聴く。

食べ物の味が消えて、やがて肋骨が背中側まで浮き出てくる。本は読まない。読めない。暗い部屋で音楽を聴いている。〔…〕

十二月某日

音楽を聴いている。

部屋の中は暗い。

原稿が暴れ始める。怖ろしい。振り回されているような感じがする。眠れない。食べられない。鏡を覗くと顔が幽鬼のようだ。

原稿の中の時間と人間がすべてになって、自分が消える。作家は小説の影に過ぎない。わたし自身はもうどこにも存在しない。

十二月某日

五日経って、書き終わる。百二十枚ぐらいある。担当氏にメールで送る。倒れる。ほんとうに起き上がれない。もう離れていいのに、小説の世界がまったくからだから離れない。小説が肩に乗って、からだをのっとろうとしているみたいに、不安と恐怖でずっと揺さぶっている。

――200612

*

*

■ 桜庭一樹読書日記――少年になり、本を買うのだ。|桜庭一樹東京創元社|2007 07月|ISBN9784488023959

★★★

《キャッチ・コピー》

桜庭一樹は稀代の読書魔である。ほんとうに毎日本を読むのである。日々、読書にまつわるすごいことを発見し、傑作の前を歌って通りすぎ、新宿と鳥取を行き来しながら小説の執筆にいそしむのだ。縦横無尽に読んで過ごした、疾風怒涛の一年間。『Webミステリーズ!』連載。

|

« 野村進■ 調べる技術・書く技術 | トップページ | 松浦寿輝■ 散歩のあいまにこんなことを考えていた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野村進■ 調べる技術・書く技術 | トップページ | 松浦寿輝■ 散歩のあいまにこんなことを考えていた »