« 吉本勝彦■ 吉本ですねん。~花月お笑い繁昌記 | トップページ | 石川巧■「国語」入試の近現代史 »

2008.06.10

金子 兜太/いとうせいこう■ 他流試合――兜太・せいこうの新俳句鑑賞

20080610kanekoitotaryu

兜太 伝統をしたたかに消化しきったところから出てくる新たな美意識というようなもののはずだから、80過ぎなければ出てこねえという議論もきっとあるでしょうね。だから金子、おまえは今、80なんだから、これから頑張れと、そう言われるかもしれません(笑)。他人のことばかり感心してねえでって。

せいこう 自分で作れと。

兜太 言われるかもしれませんけどね。こういうものを見ていると、私はそんなふうに感ずるんだな。歳月はずいぶん必要でしょうけど。

せいこう 革命的な一句は詠めるかもしれない。でも、ずっと詠んでいくとなると、伝統を知っておかなくてはならない。そういうむずかしきはありますね、どの分野にも。

兜太 西行みたいに、ぶらぶらしていても食っていけるという、ああいう環境があるといいんですがね。

せいこう ああ、世の中にね。

兜太 しかも、山頭火みたいに崩れないで、求めるものをきちっと求めながらね。そういう環境が今の若い連中にも与えられれば、すげえ俳人が出る可能性はある。

――「新俳句」の新しさはここにあり

*

*

■ 他流試合――兜太・せいこうの新俳句鑑賞|金子兜太/いとうせいこう|新潮社|200104月|9784103701040

★★★

《キャッチ・コピー》

俳句とは何か? 「切れ」はなぜ大事か? 季語はなぜ必要か?

俳句の達人にラジカルな散文家が挑む! 気軽に読めて俳句のすべてがわかる。「伊藤園新俳句大賞」から生まれた、超「目からウロコ」対談。

小西甚一■俳句の世界――発生から現代まで

飯田龍太■ 俳句入門三十三講

小澤實■ 俳句のはじまる場所――実力俳人への道

長谷川櫂■俳句的生活

|

« 吉本勝彦■ 吉本ですねん。~花月お笑い繁昌記 | トップページ | 石川巧■「国語」入試の近現代史 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉本勝彦■ 吉本ですねん。~花月お笑い繁昌記 | トップページ | 石川巧■「国語」入試の近現代史 »