« 徳岡孝夫■「民主主義」を疑え! | トップページ | 手嶋龍一■ 葡萄酒か、さもなくば銃弾を »

2008.06.20

黒川博行■ 蒼煌

20080620kurokawasoukou

「ややこしい運動せんでも、ええ絵を描いてたら会員にしてくれるんとちがうんか」

「それは絶対ない。芸術院会員は棚から落ちてくるぼた餅とちがう。わたしは会員に立候補しますと手を挙げて、生命を削るような運動をせんと、絶対になられへん」

「ほな、文化功労者や文化勲章も立候補せなあかんのか」

「そこはちょっとちがうと思う」

梨江はビールを飲みほした。「芸術院会員は権力で、文化勲章は権威なんや」

「どういうことや」

「ひとは権力に頭さげるけど、権威にはさげへんということ。……権力を欲しがれば欲しがるほど、権力に頭をさげなあかんねん」

*

*

■ 蒼煌|黒川博行|文藝春秋2007 11月|文庫|ISBN9784167447083

《キャッチ・コピー》

芸術院会員の座を狙う日本画家の室生は、選挙の投票権を持つ現会員らに対し、露骨な接待攻勢に出る。一方ライバルの稲山は、周囲の期待に応えるために不本意ながら選挙戦に身を投じる。

会員の座を射止めるのは果たしてどちらか。金と名誉にまみれ、派閥抗争の巣と化した“伏魔殿”、日本画壇の暗部を描く。

黒川博行■ 大阪ばかぼんど――ハードボイルド作家のぐうたら日記

|

« 徳岡孝夫■「民主主義」を疑え! | トップページ | 手嶋龍一■ 葡萄酒か、さもなくば銃弾を »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徳岡孝夫■「民主主義」を疑え! | トップページ | 手嶋龍一■ 葡萄酒か、さもなくば銃弾を »