« 紀田順一郎■ 読書三到――新時代の「読む・引く・考える」 | トップページ | 井村秀文■ 中国の環境問題 今なにが起きているのか »

2008.07.02

佐藤忠男■ 映画でわかる世界と日本

20080702sathoeiga

イラン映画の「こんなに近く、こんなに遠く」(2005)という作品のはじめのところに、高名な医者がテレビに出演する場面があり、スタジオでカメラの前の定められた席で撮影を待っていると、ディレクターがやって来て彼になにか耳うちする。

すると彼が苦笑して自分のネクタイを外す。ほんのなに気ない場面だが、これにはイラン人にしか理解できない意味が込められている。

イラン革命以後、ネクタイは西洋化されたブルジョアのシンボルにされてしまって、たいていの男はつけない。あえてネクタイをしている男はイスラム原理主義の行きすぎにあえて暗黙の抵抗をしている人たちと見なされる。

この「こんなに近く、こんなに遠く」の主人公は国際的に活躍している有名人なので国際的常識として背広にはネクタイでテレビのスタジオに現れたのだが、それをちょっとまずいですと耳うちされて外したのだろう。

外国人にはよく意味の分からない、どうでもいいようなちょっとしたアクションだが、イラン人が見ればこれはイスラム原理主義の服装や風俗にまでおよぶしめつけに対してなに気なく疑問を投げかけている表現だということが分かるのである。

――映画で異文化とどう対話するか

*

*

■ 映画でわかる世界と日本|佐藤忠男|キネマ旬報社|2008 04月|ISBN9784873763002

★★

《キャッチ・コピー》

映画とは、社会を映す「鏡」である。半世紀以上にわたり世界中の映画を見続けてきた佐藤忠男が今あらためて“映画をどう見るか”を解き明かす注目の映画論。

佐藤忠男■長谷川伸論―義理人情とはなにか

四方田犬彦■ 日本映画と戦後の神話

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

|

« 紀田順一郎■ 読書三到――新時代の「読む・引く・考える」 | トップページ | 井村秀文■ 中国の環境問題 今なにが起きているのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀田順一郎■ 読書三到――新時代の「読む・引く・考える」 | トップページ | 井村秀文■ 中国の環境問題 今なにが起きているのか »