« 山本淳子■ 源氏物語の時代―― 一条天皇と后たちのものがたり | トップページ | 伊井春樹・編■ 一千年目の源氏物語 »

2008.07.27

嵐山光三郎■ 妻との修復

20080727arashiyamatuma

職場と家庭は、相反する価値観の世界で、男は毎日、そこを行ったりきたりする。

困ったことに、妻は人事異動ができない。そのため一度こじれると、その修復は困難をきわめる。妻には「会社の論理」は通用せず、会社人間ほど妻に手をやくことになる。

修復しょうと気がついても手おくれになり、そういった男たちはグレる。男の企画力のかずかずは、欲望の見本市であって、自在なる衝動に身をまかす。となると犯罪者になる危険があるから、ぎりぎりの境いめでブレーキをかける。そこには妻というブレーキが不可欠になる。

しかしブレーキばかりかけていると、世間的常識に輪をかけた中古品の粗大ゴミになってしまう。

私のなかでうごめく漠然とした道楽人生は、義理人情と清貧と無駄遣いと旅と温泉、あとは風雅なる酒宴と海釣りと、古本と松尾芭蕉と下駄ばきの神楽坂暮らしであって、家庭の圏外にある。

ケータイ電話の圏外と同様、「通じない地域にいる」のである。

*

*

■ 妻との修復|嵐山光三郎 |講談社|ISBN9784062879347 200803月発売|新書

★★★☆☆

《キャッチ・コピー》

できる男ほど妻とアブない。しょせん夫婦は薄皮一枚。達人、先人の修羅場に学ぶ。

嵐山光三郎■ 昭和出版残侠伝

嵐山光三郎■ よろしく

嵐山光三郎■ 悪党芭蕉

嵐山光三郎■ 人妻魂

嵐山光三郎■おとこくらべ

嵐山光三郎■日本百名町

嵐山光三郎■文人暴食

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

|

« 山本淳子■ 源氏物語の時代―― 一条天皇と后たちのものがたり | トップページ | 伊井春樹・編■ 一千年目の源氏物語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山本淳子■ 源氏物語の時代―― 一条天皇と后たちのものがたり | トップページ | 伊井春樹・編■ 一千年目の源氏物語 »