« 佐々木譲■ 笑う警官 | トップページ | 黒川博行■ 悪果 »

2008.07.10

佐々木譲■ 警察庁から来た男

20080710sasakikeisatu

藤川が、無邪気に訊いた。

「退職後のことって、そんなに大事な問題なのか?」

津久井は答えなかった。答えようがない。

そんなに大事な問題なのか、と問わねばならぬことだろうか。警察官にとって、それは職業人生のなかばを過ぎたあたりから、昼も夜も頭を離れぬ大問題となる。〔…〕

大部分の警察官は、退職後は自力で再就職先を探し、現場労働者として働いて年金給付年齢がくるのを待つ。

しかし、いちばんの大口再就職先と考えられている民間警備会社だって、現場要員として年配者は敬遠する。若い自衛隊退職者を優先採用するのだ。採用されても、賃金はおそろしく低い。〔…〕

つまり大部分の退職警官は、何の専門性も生かすことのできぬ民間企業に再就職し、慣れぬ仕事で苦労して、たちまちのうちに老けてゆくのだ。天下り先に困ることのないキャリア官僚であれば、想像もつかない第二の人生かもしれないが。

*

*

■ 警察庁から来た男|佐々木譲|角川春樹事務所|2008 05月|文庫|ISBN9784758433396

★★★☆☆

《キャッチ・コピー》

北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。『笑う警官』に続く道警シリーズ第2弾。

佐々木譲■ 制服捜査

佐々木譲■ 笑う警官

今野敏■ 隠蔽捜査

今野敏■ 果断――隠蔽捜査2

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

|

« 佐々木譲■ 笑う警官 | トップページ | 黒川博行■ 悪果 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐々木譲■ 笑う警官 | トップページ | 黒川博行■ 悪果 »