« 田月仙■ 禁じられた歌――朝鮮半島音楽百年史 | トップページ | 酒井啓子■ イラクは食べる――革命と日常の風景 »

2008.07.15

趙甲済/李英■ 李明博革命――保守主義が韓国を救う

20080715tyoi

2004年頃、清渓川の復元工事が進められていた当時のことであった。ソウル市長の李明博は「なぜ朴正殿大統領が高く評価されるのか」と自問して自らこんな答えを出した。

「朴大統領は高速道路建設、セマウル運動、重化学工業建設など、目に見えることをやり遂げました。したがって説明が必要ないのです。見ればわかりますから」

李明博は清渓川の復元工事でも、このような効果を期待していたのだろう。実際に200510月に清渓川が復元されて以降、ここを訪れた多くの人びとが李明博を高く評価するようになった。〔…〕

「清渓川復元工事の可否を決定する閣僚会議が開かれました。ある長官(閣僚)がこう言いました。

『私はタクシーによく乗るが、運転手たちによれば、清渓川の高架道路を取り壊す工事を始めたら、交通渋滞が深刻になって市民の反発が大きいという話だったよ』

すると、私は真顔で、その長官ではなく慮武鉉大統領の目を見つめながら話しました。

『私はもっとひどい話を聞いている。しかし、国の政策がタクシー運転手の噂によって決められねばならないのでしょうか』 そのとき、慮大統領が私の意見に味方してくれました」

――第5章 李明博は仕事の優先順位を知っている

*

*

■ 李明博革命――保守主義が韓国を救う|趙甲済:著/李英:訳|作品社|2008 03月|ISBN9784861821868

★★☆☆☆

《キャッチ・コピー》

対北朝鮮「太陽政策」は継続されるか。対日政策はどのように変わるのか。金大中・盧武鉉と十年続いた親北朝鮮、民族主義偏重政策の転換を大胆に提議する韓国第一級のジャーナリストによる分析と展望。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

|

« 田月仙■ 禁じられた歌――朝鮮半島音楽百年史 | トップページ | 酒井啓子■ イラクは食べる――革命と日常の風景 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田月仙■ 禁じられた歌――朝鮮半島音楽百年史 | トップページ | 酒井啓子■ イラクは食べる――革命と日常の風景 »