« 武良布枝■ ゲゲゲの女房――人生は…終わりよければ、すべてよし!! | トップページ | 中森貴和■ 行政不況 »

2008.07.06

関川夏央■ 家族の昭和

20080706sekikawakazoku

昭和26年(1951)に公開された松竹映画『麦秋』は小津安二郎47歳の作品で、北鎌倉に住む中流家庭の物語である。〔…〕

家族には全盛期がある、といっている。

家庭をつくった当初は、子育てで忙しい。仕事もしざかりだ。子供たちは大きくなり生意気になるが、それさえ好ましい。まだ対人関係障害は家庭に侵入してはいない。引籠りも刃物沙汰も昭和20年代の日本にはない。

そうして家族は全盛期を迎える。だが、全盛期があれば落日期があるのはことわりだ。〔…〕

その落日期の家族像を、小津安二郎は昭和28年『東京物語』にえがいた。〔…〕

小津作品における笠智衆の老父の役名が、平山、曾宮、杉山と姓はかわっても名前はみな周吉であるように、原節子の役名は小津作品ではたいてい紀子である。小津安二郎にとって、周吉も紀子も、昭和戦前の文化を戦後に引継ぎつつ落日する中流階層の家族そのものである。〔…〕

家族の全盛期に下降期・落日期がつづき、そのあとには、親の死を契機とした「家族解散」がある。

小津安二郎最後の作品は、昭和37年の『秋刀魚の味』である。

――終章 家族のいない茶の間

*

*

■ 家族の昭和|関川夏央|新潮社|ISBN9784103876045200805

★★★

《キャッチ・コピー》

にぎやかだった茶の間。あの「家族」たちは、どこへ行ったのか―。向田邦子、吉野源三郎、幸田文、そして「金曜日の妻たちへ」…。「家族」の変遷から見た「昭和」の姿。

関川夏央■ 汽車旅放浪記

川夏央■ 女流――林芙美子と有吉佐和子

関川夏央■やむにやまれず

関川夏央■昭和が明るかった頃

関川夏央■白樺たちの大正

五木寛之■ わが人生の歌がたり――昭和の哀歓

奥成達/ながたはるみ■ 昭和30年代スケッチブック――失われた風景を求めて

東海林さだお■ ショージ君のALWAYS - 東海林さだおが昭和を懐かしむ

出久根達郎■ 隅っこの「昭和」――モノが語るあの頃

並木伸一郎■ 昭和の都市伝説

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

|

« 武良布枝■ ゲゲゲの女房――人生は…終わりよければ、すべてよし!! | トップページ | 中森貴和■ 行政不況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武良布枝■ ゲゲゲの女房――人生は…終わりよければ、すべてよし!! | トップページ | 中森貴和■ 行政不況 »