« 趙甲済/李英■ 李明博革命――保守主義が韓国を救う | トップページ | 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り! 2008年版 たいへんよくできました編 »

2008.07.16

酒井啓子■ イラクは食べる――革命と日常の風景

20080716sakaiiraku

マクルーバという料理が、ある。〔…〕

鍋底に羊肉、野菜を敷いて、米を乗せて、炊く。できあがったら、上手に大皿の上にひっくり返し、まるでケーキのように肉、野菜、米がきれいに層を成していれば、成功だ。〔…〕

マクルーバというこの料理は、名前自体がカラバ、つまり「ひっくり返す」という動詞の受動態から来ていて、直訳すれば「ひっくり返されたもの」という意味だ。

イラクで2003年以降に起こったことは、いろいろな意味でさまざまなことが「ひっくり返った」事件だった。

米英や、それに追随した有志連合軍がフセイン政権をひっくり返し、その英米が期待したリベラル親米政権の樹立という将来像をひっくり返して、イスラーム政権が成立した。〔…〕

他国への軍事介入は主権侵害、とする従来の国際政治の「常識」が米軍の攻撃でひっくり返されかつて植民地支配だと糾弾された外国の支配が、「復興」とか「人道支援」といった美名へと価値転換される。

このひっくり返った現状は、9.11という衝撃が生んだ、一時的なものなのだろうか。

*

*

■ イラクは食べる――革命と日常の風景|酒井啓子|岩波書店|ISBN9784004311256 200804月|新書

★★★☆☆

《キャッチ・コピー》

米英軍によって「解放」されたイラクでは、イスラーム勢力が力を伸ばし、政治権力を握る一方で、イラク人どうしが暴力で対立する状況が生まれた。

だが、どんなに苛酷な環境にあっても、人びとは食べ続ける。アラブのシーア派やスンナ派社会、クルド民族、そして駐留外国軍の現在を、祖国の記憶と結びついた料理や食卓の風景とともに描く。

宮嶋茂樹■ サマワのいちばん暑い日――イラクのど田舎でアホ!と叫ぶ

宮嶋茂樹■ 不肖・宮嶋inイラク――死んでもないのに、カメラを離してしまいました。

宮嶋茂樹■ 不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト(上)爆弾ボコボコの巻

宮嶋茂樹■ 不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト(下)砲弾ドカドカの巻

池澤夏樹/本橋成一■ イラクの小さな橋を渡って

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

|

« 趙甲済/李英■ 李明博革命――保守主義が韓国を救う | トップページ | 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り! 2008年版 たいへんよくできました編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 趙甲済/李英■ 李明博革命――保守主義が韓国を救う | トップページ | 大森望/豊崎由美■ 文学賞メッタ斬り! 2008年版 たいへんよくできました編 »