« 永六輔/矢崎泰久■ ふたりの品格 | トップページ | 今野敏■ TOKAGE――特殊遊撃捜査隊 »

2008.10.26

内田樹■ こんな日本でよかったね――構造主義的日本論

20081026uchidakonna

大学3年生相手の就職セミナーでリクルートの営業はまず最初に「みなさんは自分の適性に合った仕事を探し当てることがもっとも重要です」と獅子吼する。〔…〕

もちろん、そのような仕事は存在しない。

だから、「自分の適性にぴったり合ったたった一つの仕事」を探して若者たちは終わりのない長い放浪の旅に出ることになる。〔…〕

人生はミスマッチである。

私たちは学校の選択を間違え、就職先を間違え、配偶者の選択を間違う。

それでもけっこう幸福に生きることができる。〔…〕

それでいいじゃないかと私は思う。

「自分のオリジナルにしてユニークな適性」や、「その適性にジャストフィットした仕事」の探求に時間とエネルギーをすり減らす暇があったら、

「どんな仕事でも楽しくこなせて、どんな相手とでも楽しく暮らせる」汎用性の高い能力の開発に資源を投入する方がはるかに有益であると私は思う。

――「人生はミスマッチ」

*

*

■ こんな日本でよかったね――構造主義的日本論|内田樹 |バジリコ |ISBN9784862380968 200807

★★☆☆☆

《キャッチ・コピー》

「少子化問題」は存在しません!日本は「辺境」で「属国」、それで何か問題でも?これから目指すべきは「フェミニンな共産主義」です!…あまりの暴論ぶりに思わず納得。“寝ながら学んだ”構造主義者・ウチダ先生による、驚愕の日本社会論。

内田樹/養老孟司■ 逆立ち日本論

内田樹■ 「おじさん」的思考

内田樹■ 9条どうでしょう

内田樹■ ひとりでは生きられないのも芸のうち

内田樹■ 下流志向――学ばない子どもたち 働かない若者たち

内田樹■ 街場の現代思想

内田樹■ 街場の中国論

内田樹■ 狼少年のパラドクス――ウチダ式教育再生論

|

« 永六輔/矢崎泰久■ ふたりの品格 | トップページ | 今野敏■ TOKAGE――特殊遊撃捜査隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永六輔/矢崎泰久■ ふたりの品格 | トップページ | 今野敏■ TOKAGE――特殊遊撃捜査隊 »