« 米原万里■ 心臓に毛が生えている理由 | トップページ | 西江雅之■ 西江雅之自選紀行集 »

2008.10.21

今野敏■ 花水木――東京湾臨海署安積班

20081021konnohanamizuki

「いえね、チョウさん。どうして最近の若いやつは、すぐに人を刺したりするんだろうって……」

「そういうことは、社会学者とか警察庁の専門家に任せておけばいい。俺たちは起きた事件に対処するだけだ」〔…〕

「社会学者なんて、本当のことは何にもわかってませんよ。最近ね、東京のあちらこちらが次々と再開発されるでしょう。俺、そういう場所に行くたびに思うんですよ。ああ、これで東京も終わりだって……」

安積は驚いた。

「おい、最近の若い連中が切れやすいのは、再開発のせいだって言うのか?」

「無関係じゃないですよ。要するに地域社会の破壊なんです。名も知らない人がただ通過していくだけの街を作るから、人は常に緊張を強いられます

――「聖夜」

*

*

■ 花水木――東京湾臨海署安積班|今野敏 |角川春樹事務所 |ISBN9784758410892 200709

★★★☆☆

《キャッチ・コピー》

その花は、ふたつの事件の真相を語るのか―。警察小説集。

今野敏■ 隠蔽捜査

今野敏■ 果断――隠蔽捜査2

|

« 米原万里■ 心臓に毛が生えている理由 | トップページ | 西江雅之■ 西江雅之自選紀行集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米原万里■ 心臓に毛が生えている理由 | トップページ | 西江雅之■ 西江雅之自選紀行集 »