« 池澤夏樹■ セーヌの川辺 | トップページ | 高橋洋一■ さらば財務省!――官僚すべてを敵にした男の告白 »

2008.11.06

宮崎駿■ 折り返し点 1997~2008

20081106miyazakiorikaesi

これも戦後の幻想なんですが「他人に迷惑を掛けない」という言葉があります。

あれは実に嫌な言葉で、本当は人は誰でもいるだけで迷惑なんです、お互いに。誰もいないはうがいいと思っている。〔…〕

迷惑を掛けない関係なんてありえないんです。迷惑を掛けていないなんて思っていると、別の風圧を掛けているんです。〔…〕

かかわり合いを作ることや迷惑を掛け合うことをすごく嫌がる心優しい若者が増えていて、その若者達の嗜好が、ちょっと病気っぽいオタクの人達をつないでいるものに向かっている。

それは衰弱としかいいようがないですね。

それでも、そういう人達が心静かに暮らしていければいいけれど、現実的に経済活動をやっていかなければいけないわけです。

そして、自分が「始められない」ことによって自分を破壊するか他人を攻撃するかということになってくる。そういう問題がますます起こるでしょう。

――「子供達が幸せな時代を持てるよう、大人は何を語るべきか」

*

*

■ 折り返し点 19972008|宮崎駿 |岩波書店 |ISBN9784000223942 200807

★★★☆☆

《キャッチ・コピー》

『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』から最新作『崖の上のポニョ』まで―企画書、エッセイ、インタビュー、対談、講演、直筆の手紙など60本余を一挙収録。宮崎駿12年間にわたる思想の軌跡。

|

« 池澤夏樹■ セーヌの川辺 | トップページ | 高橋洋一■ さらば財務省!――官僚すべてを敵にした男の告白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池澤夏樹■ セーヌの川辺 | トップページ | 高橋洋一■ さらば財務省!――官僚すべてを敵にした男の告白 »