« 杉本苑子◆散華(下)――紫式部の生涯 | トップページ | 大塚ひかり◆いつから私は「対象外の女」 »

2009.02.03

高橋源一郎/しりあがり寿・絵◆おじさんは白馬に乗って

20090203takahashiojisan

この50年の、いや、この十数年の社会の変化は未曾有のものであった。

活版印刷が出現しておよそ500年、映画が出現して100年、日本のテレビ放送が始まって約50年。それらの文化に慣れるまで、どれほどの時間がかかっただろう。だが、インターネットが一般化して僅か10年、変化の速度は加速する一方だ。

こんな時、過去の経験は何の役にも立たない。老人は、社会にとって邪魔な存在なのである。

そのことを感じとって老人たちはイライラする。なにが起こっているのか理解できないのでイライラする

あるいは、子供らからも見捨てられた、独居老人たちは、行き場をなくしてコンビニや居酒屋に集らざるを得ずイライラする。そして、彼らには、イラついた気分のはけ口になる「仕事」や「役割」は、もうないのである。〔…〕

いわゆる「ゴミ屋敷」の住人の大半は、老人だそうだ。彼らは、強烈な腐臭という「暴走」行為に出た。その「暴走」だけが、世間の注目を彼らに向けさせる手段だったのである。

――「暴走する老人たち」

*

*

◆おじさんは白馬に乗って|高橋源一郎/しりあがり寿・絵 |講談社 |ISBN9784062150910 200811

★★

《キャッチ・コピー》

年金詐欺に憤り、納豆健康法にまんまとはまり、アダルトビデオを大いに愉しみ、子育てに追われ老後を思う―。世界最強のおじさん・タカハシさんの〈哲学的)面白エッセイ。

memo

ブログで、ぐち、ぼやきなど強烈な加齢臭をまきちらす老人も多い。

高橋源一郎■官能小説家

|

« 杉本苑子◆散華(下)――紫式部の生涯 | トップページ | 大塚ひかり◆いつから私は「対象外の女」 »

コメント

おもしろい方です。私に似ています。何歳ですか。

投稿: 冬目 | 2009.02.21 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杉本苑子◆散華(下)――紫式部の生涯 | トップページ | 大塚ひかり◆いつから私は「対象外の女」 »