« 山田風太郎/日下三蔵◆風山房風呂焚き唄――山田風太郎エッセイ集成 | トップページ | 石原慎太郎◆私の好きな日本人 »

2009.03.20

池内紀◆世の中にひとこと

20090320ikeuchiyononaka

ケイタイのなかったころは、一日のケジメがはっきりしていた。勤務が終われば自分の時間がとりもどせた。もしできるなら、ケイタイのなかった「あのころ」にもどりたい――。〔…〕

あの小さなメディア装置が生活の中に入ってきたとたん、人間関係がガラリと変わってしまうということだ。上司と部下、親と子、夫と妻といった場合、とりわけ微妙な状況が生じてくる。

ケイタイが「監視する目」の役割をおび、相互に確認の義務が生まれ、ひとたび疑惑が生じると、双方がたえず欺き合うような恐るべき凶器になりかねない。

個人をじっと見つめていられるのは、せいぜい神の目であるはずなのに、いまやケイタイがじっと個人を見張っている。便利さの名のもとに機能はますます強化され、それにつれて失っていくものもふえていく。

ときおりケイタイ以前を思い出して、自分が失ったものを考えてみてもいいのである。

――「あのころ」に戻りたい

*

*

◆世の中にひとこと|池内紀 NTT出版 |ISBN9784757150621 200901

★★

《キャッチ・コピー》

せかせか忙しい毎日の中で見過ごしてしまっている、大切なこと、ヘンテコなこと。片隅から眺めた世の中を描く、心温まるエッセイ集。

池内紀■ あだ名の人生

池内紀■ なぜかいい町一泊旅行

池内紀■ 出ふるさと記

池内紀■ 町角ものがたり

池内紀■ 二列目の人生 隠れた異才たち

|

« 山田風太郎/日下三蔵◆風山房風呂焚き唄――山田風太郎エッセイ集成 | トップページ | 石原慎太郎◆私の好きな日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山田風太郎/日下三蔵◆風山房風呂焚き唄――山田風太郎エッセイ集成 | トップページ | 石原慎太郎◆私の好きな日本人 »