« 高山文彦◆エレクトラ――中上健次の生涯 | トップページ | 高橋文夫◆雑誌よ、甦れ――「情報津波」時代のジャーナリズム »

2009.03.29

黄文雄/呉善花/石平◆帰化日本人――だから解る日本人の美点・弱点

20090329ohkika

 韓国では書かれた言葉よりも話された言葉を信じる傾向が強いんです。「言葉さえうまければ千両の借金も返す」ということわざがあるようにね。〔…〕

テレビでは、それこそ話のプロたちが巧みな話術でアピールするものですから、テレビの影響は日本などとは比較にならないほど大きいんです。「テレビでそういっていたよ」といわれれば、多くの人が疑いの余地もないくらい信じてしまうんです。〔…〕

 石さんの話では、中国では100パーセント政治権力が、つまり共産党が握っているということでしたが、台湾の場合はマスメディアの背後にある資本なんですね。〔…〕

政治権力じゃなくて金権力がマスコミを握っているのが台湾です。〔…〕それで、今の台湾のマスメディアの80パーセントが中国資本なんですよ。

そのため、マスメディアでの言論は中国寄りでなければやれなくなってしまう。台湾の言論界が中国を美化するのはそのためです。

*

*

◆帰化日本人――だから解る日本人の美点・弱点|黄文雄/呉善花/石平|李白社/フォレスト出版|ISBN9784894519039 200811

★★★★

日本に定住して長らく生活してきた、台湾出身、中国出身、韓国出身の三者による、日中韓台の文化的な伝統と現代をめぐる鼎談。マスコミ、教育、道徳、食事、風習、夢をテーマに、忌憚なく所見を交える。

memo

甘口。自虐的日本人に日本の魅力を語る。

|

« 高山文彦◆エレクトラ――中上健次の生涯 | トップページ | 高橋文夫◆雑誌よ、甦れ――「情報津波」時代のジャーナリズム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高山文彦◆エレクトラ――中上健次の生涯 | トップページ | 高橋文夫◆雑誌よ、甦れ――「情報津波」時代のジャーナリズム »